ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

フリーWi-Fiの速度もわかる技あり計測アプリ

距離を測ったり明るさを測定したり、本来はそれぞれ専用の計測器が必要でした。しかし、スマホ端末の高性能化とアプリの開発が上手い具合にマッチし、今ではスマホ1台あればたいていの計測は可能になっています。日常生活でも使える、知っておくと便利な技アリの計測アプリを紹介しましょう。


フリーWi-Fiの速度もわかる技あり計測アプリ

フリーWi-Fiを速度計測するアプリ

パケット通信量の節約のためにも、街中ではフリーWi-Fiを活用したいところです。そこで役立つ計測アプリが「WiFi Finder」。現在地周辺のフリーWi-Fiを、地図上に表示して探せるアプリです。

こういったサーチアプリは各種ありますが、WiFi Finderが優れているのは、フリーWi-Fiの名前と速度がアプリ上で確認できること。いくら無料で使えるからといって、アヤシイWi-Fiには接続しない方が無難なのは当然ですが、遅いWi-Fiにつないでもストレスになるだけです。

この計測アプリでダウンロード&アップロード速度を事前に確認しておけば、早いWi-Fiにだけ接続できてストレスもフリーになります。

また、自宅のWi-Fiのスピードをチェックしたい時は、同じ開発元が提供している計測アプリ「Speedcheck」が役立ちます。画面のタップだけで、ダウンロード&アップロード速度、加えて応答速度であるPING値の計測が可能です。

もしこれらの数値が極端に遅くなっているようなら、第三者が勝手に接続している可能性もあります。Wi-Fiルータのパスワード変更を試すとよいかもしれません。

露出計の代わりになる計測アプリ

一眼レフカメラでマニュアル撮影をする際、かつては露出計が必需品でした。しかし、今は計測アプリ「Light Meter Free」があります。ISO感度や絞りなどを選択すると、適正なシャッタースピードと露出(EV)値を出してくれるという、賢いアプリです。

露出がキマれば、最適な明るさで撮れるというわけ。古いクラシックカメラを趣味にしているなら、お試しください。

最後に、変わり種の計測アプリを紹介しましょう。高性能なスマホでは、各種センサーを利用してついには精神世界のエネルギーすら検出可能になりました。「Ghost Observer」では、周囲をさまよう霊体をレーダーで発見できてしまうようです。

この計測アプリは電磁波や磁気を計測して幽霊を探知する仕組み。年齢や周波数なども分かるようです。実際に試すと、513歳の女性の霊体をキャッチしました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事