ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

隣の部屋の音を聞く方法を知っておいて損はない

隣の部屋の音を聞くために、壁に当てたコップに耳を近づけるというシーンを映画やドラマで目にしたことがあるでしょう。「壁に耳あり障子に目あり」ということわざがあるように、隣の部屋の音を聞くという行為は情報収集の基本。探偵などが、隣の部屋の音をどうやって聞くのか、知っておいて損はないでしょう。


隣の部屋の音を聞く方法を知っておいて損はない

昔ながらの隣の部屋の音を聞く方法

「コンクリートマイク」は、壁にコップを逆さに当てて聞くという昔ながらの隣の部屋の音を聞く方法と原理的には大差ありません。とはいえ、専用に開発された電子機器のため、壁の振動を電子的に増幅してクリアに音声化します。

そんな隣の部屋の音を聞くことができるコンクリートマイクには、ICレコーダー機能を搭載したタイプも存在。それがケイヨーSPの「MW-55」です。音声はアンプの内蔵メモリに保存され、付属のUSBイヤホンで再生します。

これまでのコンクリートマイクを使った調査時には、録音するためにICレコーダーを別途用意しなければなりませんでした。それがMW-55なら1台で録音まで完結するというわけ。探偵の浮気調査などで使われているようです。

なお、コンクリートマイク対策として、サーッというノイズを壁に発するアイテムも発売されています。自分の部屋が隣室から盗み聞きされている気がする人は、購入を検討してもよいでしょう。

隣の部屋の音を聞く方法に盗聴器

隣の部屋の音を聞くために盗聴器を仕掛けるという方法もあります。盗聴器とは、小型の集音マイクと発信機がセットになった電子機器。仕掛けた本人は専用の受信機で、音声を聞くわけです。

隣の部屋の音を聞くために盗聴器を仕掛けるとなると、まさにスパイの世界。よほどの機密情報を手に入れるようなケースでしょう。何らかの方法で部屋に侵入して、気づかれない場所に盗聴器をセットします。

ただし、部屋に侵入しなくても隣の部屋の音を聞く盗聴器のセット方法が存在。玄関ドアに新聞受けが付けられている住宅の場合、投入口から手を入れてガムテープなどで盗聴器を固定するのです。古めのアパートやマンションが狙われます。

一度、自分の家の新聞受けを開けて、内部をよく調べたほうがよいかもしれません。外部から盗聴器がセットできるという意味では、換気扇まわりも注意が必要です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事