ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

隣の部屋の音や声を聞く方法や道具・アプリは知っておくべし

隣の部屋の音や声を聞くために、壁に当てたコップで盗聴するシーンを映画やドラマで目にしたことがあるでしょう。「壁に耳あり障子に目あり」ということわざがあるように、隣の部屋の音や声を聞く方法は情報収集の基本。探偵などが、隣の部屋の音や声を聞く方法や道具・アプリを知っておいて損はないでしょう。


隣の部屋の音や声を聞く方法や道具・アプリは知っておくべし


隣の部屋の音や声を聞く方法が1台で完結

「コンクリートマイク」は、壁にコップを逆さに当てて聞くという昔ながらの隣の部屋の音や声を聞く方法と原理的には大差ありません。とはいえ、専用に隣の部屋の音や声を聞く道具として開発された電子機器のため、壁の音の振動を電子的に増幅してクリアに音声化して聞くことができます。

そんな隣の部屋の音や声を聞く道具であるコンクリートマイクには、ICレコーダー機能を搭載したタイプも存在。それがケイヨーSPの隣の部屋の音や声を聞く道具「MW-55」です。隣の部屋の音や声はアンプの内蔵メモリに保存され、付属のUSBイヤホンで再生します。

これまでのコンクリートマイクを使った隣の部屋の音や声を聞く方法では、録音するためにICレコーダーを別途用意しなければなりませんでした。それがMW-55なら1台で録音まで完結する隣の部屋の音や声を聞く方法になるというわけ。探偵の浮気調査などで隣の部屋の音や声を聞く方法として使われているようです。


隣の部屋の音や声を聞く方法に盗聴器

なお、隣の部屋の音や声を聞く道具であるコンクリートマイク対策として、サーッというノイズを壁に発するアイテムも発売されています。自分の部屋が隣室から盗聴されている気がする人は、隣の部屋の音や声を聞く道具の妨害機の購入を検討してもよいでしょう。

隣の部屋の音や声を聞く方法として盗聴器という道具を使う手もあります。盗聴器とは、小型の集音マイクと発信機がセットになった隣の部屋の音や声を聞く道具となる電子機器。隣の部屋の音や声を聞く道具を仕掛けた本人は、専用の受信機で音声を聞くわけです。

隣の部屋の音や声を聞く方法で盗聴器を仕掛けるとなると、まさにスパイの世界。よほどの機密情報を手に入れるようなケースで隣の部屋の音や声を聞く方法として盗聴器を利用するでしょう。何らかの方法で部屋に侵入して、気づかれない場所に盗聴器をセットして隣の部屋の音や声を聞く方法です。

隣の部屋の音を聞く方法を知っておいて損はない


隣の部屋の音や声を聞く方法に玄関

ただし、部屋に侵入しなくても盗聴器を使った隣の部屋の音や声を聞く方法は存在します。玄関ドアに新聞受けが付けられている住宅の場合、投入口から手を入れてガムテープなどで盗聴器を固定すれば、隣の部屋の音や声を聞く方法になるのです。

古めのアパートやマンションで使われる隣の部屋の音や声を聞く方法です。この隣の部屋の音や声を聞く方法で使われるのは電池式の盗聴器。電池が切れたら新聞受けの投入口から、隣の部屋の音や声を聞く盗聴器を回収して電池交換。隣の部屋の音や声を聞く方法はこれを繰り返すわけです。

一度、自分の家の新聞受けを開けて、隣の部屋の音や声を聞く道具が仕掛けられていないか内部をよく調べたほうがよいかもしれません。外部から盗聴器がセットできるという意味では、換気扇まわりに盗聴器を仕掛けるという隣の部屋の音や声を聞く方法にも注意が必要です。


隣の部屋の音や声を聞く方法にアプリ

最近では、隣の部屋の音や声を聞く方法にアプリを使う人も増えているようです。アプリをセットした型落ちスマホを、電池式盗聴器をセットするように新聞受けにセットするといいます。

そもそも高機能な電子機器であるスマホに集音アプリを導入すると、スマホを盗聴器として利用することが可能。しかも、スマホは日常生活に溶け込みやすいというメリットがあるため、音を拾いやすい場所に仕掛ければ隣の部屋の音や声を聞く方法になります。

例えば、隣の部屋の音や声を聞くアプリ「Ear Scout」は、スマホでキャッチした音声を、ペアリングしたBluetoothイヤホンに出力するアプリ。隣の部屋のひそひそ声を増幅させるだけでなく、その音声をスマホ内に録音することも可能です。隣の部屋の音や声を聞くアプリはGoogle Playで無料で入手できます。

隣の部屋の音や声を聞くアプリは、一定のdBを超えると自動で録音…など細かく設定できる点もポイント。隣の部屋の音や声を聞くアプリで録音されるデータのファイル形式はACCで、MP3よりも高音質なのも特徴です。

あらかじめスマホとBluetoothイヤホンがペアリングされていれば、隣の部屋の音や声を聞くアプリを導入するだけで使用可能という手軽さも魅力でしょう。隣の部屋の音や声を聞くアプリの録音データはメールで送信もできます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • NHKが「熱中症」から命を守る呼びかけ文を公開
    NHKが「熱中症」から命を守る呼びかけ文を公開
  • NHK受信料を外国人のふりして断ることは可能?
    NHK受信料を外国人のふりして断ることは可能?
  • NHK受信料を安くする方法で月額200円割引になる
    NHK受信料を安くする方法で月200円割引の裏ワザ
  • 海外から日本のテレビ番組を楽しめるチューナー
    海外から日本のテレビ番組を楽しめるチューナー

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次