ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ボイスレコーダーアプリでスマホを「盗聴器」化

カメラ・マイク・GPSといった機能を備えたスマホは、優秀なスパイツールにもなりえるポテンシャルを持っています。実際、スマホに「ボイスレコーダーアプリ」をインストールすれば、盗聴器に早変わり。長時間の録音は容量が膨大になるため、音がした時だけ録音できるアプリを利用するのがポイントです。


ボイスレコーダーアプリでスマホを「盗聴器」化

ボイスレコーダーアプリの保存形式

「自動ボイスレコーダー」は、音声を感知した時だけ録音できるボイスレコーダーアプリ。Google Playで無料で入手可能です。これを導入したスマホをターゲットとなる場所に置いておくだけで、スマホを盗聴器として使えます。スマホなら、机の上などに無造作に置いてあっても誰も気に留めることもないでしょう。

アプリの使用する前に、まず「無音部分をスキップしますか?」にチェックを入れておくこと。スマホスタンドなどを使って、自然な形でスマホをセットしておきます。

あとは「録音」をタップしてスマホを放置。これで周囲の会話や物音など、音声を感知した時だけ録音されるというわけです。音声ファイルはMP3形式で保存され、クラウドストレージなどにアップロードできます。

ボイスレコーダーアプリ無音スキップ

iPhoneのボイスレコーダーアプリであれば「Alon Dictaphone」に、無音部分をスキップできる同様の機能があります。「無音時は録音しない」をONにして使いましょう。App Storeで無料で入手可能です。

このほか「通話録音 – Cube ACR」は電話などで話した通話音声を録音できるアプリです。インストールしておけば、面倒な接続や設定は一切なしで通話内容が自動で録音されます。SkypeやLINE通話に対応しているのもうれしいところです。

このアプリは、電話をかけると自動で録音を開始。音声ファイルは、アプリ上で聞き返せます。メニューの「マップ」から通話した時の場所も確認できるので、証拠能力も十分でしょう。

SkypeやLINE通話の録音にも対応していますが、端末によっては録音の対象外。ただし「VoIPサポートチェックを無視する」を有効にすることで、録音できることがあります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事