ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneで「数字とかな」すばやく切り替える方法

iPhoneで数字を入力する時に「00」のようにキー入力すると「~」などの記号が出てきて困ったことはないでしょうか。これはある種の機能が働くためですが、あまり使わなかったりもします。この問題を解消することで、iPhoneの「数字とかな」のキーボードをすばやく切り替えられるようになるのです。

i

iPhoneで「数字とかな」すばやく切り替える方法

初期状態だと同じ数字の入力で記号

iPhoneユーザーの多くが、キー入力にフリックを使っていると思います。フリック入力は、キーをタップしてスライドして別な文字を表示するもの。数字にもフリック入力が割り当てられていて、フリック操作でさまざまな記号の入力が可能です。「0」を左にフリックすると「~」、「0」を上にフリックすると「…」が入力できます。

一旦フリック入力に慣れると、サクサク文字が打てるようになるので便利です。ところが、初期状態で使っていると別な問題が出てきます。というのも、同じキーを2度、3度と押すとフリックで出るはずの文字が現れるのです。「あ」を2度続けて押すと「い」、3度押すと「う」となってしまいます。

これは、フリック入力だけでなく、10キーがあった時代の携帯電話の入力方法「トグル入力」もオンになっているため。このため、数字の場合「00」と入力すると「0」を左にフリックした時に出る「~」が、「000」と入力すると「0」を上にフリックした時に出る「…」が表示されてしまうのです。

iPhoneのキーボードの設定を変更する

これを避けるためには、フリック入力だけ使えるよう、iPhoneのキーボードの設定を変更する必要があります。その方法は、まずホーム画面から「設定」アプリを開きます。

ここではiPhoneの設定を変更できますが、そのなかから「一般」→「キーボード」と選び、キーボードの設定画面を表示します。設定項目は数多く画面にありますが、そのなかから「かな」という項目を見つけ、「フリックのみ」をオンに変更するのです。

これで、「0」を2回タップしたときにそのまま「00」と入力されるようになります。なお、本当に「~」を入力したい場合は「0」を左へフリックすればOKです。


iPhoneのキーボード変更がタップ一発

また、キーボードを「フリックのみ」に設定すると、別の高速入力が可能になります。それは、日本語とアルファベット、数字のキーボードの切り替えです。

初期設定のままでは、日本語から数字へキーボードを変更する際、左下にある文字種切り替えボタンを2回タップする必要がありました。しかし、「フリックのみ」に設定すると、右下に文字種である「★123」「ABC」「あいう」を3ボタンが表示されるようになります。

日本語から数字へは「123」をタップすればすぐ切り替わり、日本語に戻すときも「あいう」をタップすれば一発です。たったひとつの設定で簡単な高速入力ができるようになるので、ぜひ「フリックのみ」を試してみてください。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事