ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneデータを手間なくバックアップする方法

iPhoneのLightningケーブルとUSB-ACアダプタの間に挟むだけで、端末内のデータをバックアップできる充電アダプタがあります。本体にはmicroSDカードスロットを搭載。iPhoneのあらゆるデータを自動で、手間なくmicroSDカードにバックアップしてくれるのです。詳しく見ていきましょう。


iPhoneデータを手間なくバックアップする方法

iPhoneデータを自動でバックアップ

フォーカルポイントの「Qubii Pro(キュービープロ)」は、写真・動画・連絡先・SNSのデータなど、iPhoneのありとあらゆるファイルを自動で、セットしたmicroSDカードにバックアップするアダプタです。

LightningケーブルとUSB-ACアダプタの間にQubiiPro本体をセット。iPhoneをLightningケーブルに接続して専用アプリ「Qubii Pro」を起動すれば、バックアップするファイルなどを設定できます。「自動バックアップ」を選択すれば2回目からは、本体との接続と同時に自動的にバックアップすることも可能です。

具体的には、専用アプリ「Qubii Pro」トップ画面の右上の「設定」ボタンにて、バックアップ項目を編集。「全項目のバックアップ」を選ぶと、スマホ内のデータを根こそぎ保存します。

iPhoneデータをまるっとバックアップ

実際にiPhoneをバックアップしたところ、「iTunesミュージック」は著作権フリーや手持ちの音源しかバックアップできませんでしたが、インスタグラムはアカウントに紐付ければ、過去の動画や写真を保存できます。

Facebookはアカウント紐付けが必要ですが、画像などをまるっとバックアップ可能。連絡先はvCard形式で保存されます。スマホの機種変更の際などに重宝するでしょう。自宅のUSB-ACアダプタにさりげなくセットしておけば、iPhoneデータを手間なくバックアップできるというわけです。

対応OSはiOS12、記録メディアはmicroSDカード(最大512GB)です。USBはUSB3.1。サイズ/重さは25W×28H×26Dmm/52gとなっています。実勢価格は7538円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事