ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhone版「PASMO」とAndroid版の違いと注意点

PASMOがスマホで使える「モバイルPASMO」がサービスを開始して半年が過ぎました。しかし、対応するスマホはAndroid搭載モデルのみで、iPhoneユーザーからはiOSでも使えるようにとの声が数多く上がっていました。そして、ついにこの10月から「Apple PayのPASMO」という名前でiPhoneやApple WatchでのPASMO利用が可能になったのです。


iPhone版「PASMO」とAndroid版の違いと注意点

iPhoneでSuicaとPASMOの併用が可能

2020年10月6日から、iPhone・Apple Watchのアプリ上でPASMOが利用可能となる「Apple PayのPASMO」がサービスを開始しました。対応モデルは、iOS14.0がインストールされたiPhone8以降とwatchOSがインストールされたApple Watch Series3以降となります。

サービス名の通り、iPhone・Apple Watch向けのPASMOはApple Payを利用する仕組みで、標準アプリのApple Wallet上からApple PayのPASMOを追加して使用します。追加する際には、新しくPASMOを作るほか、現在利用中のカード式PASMOのデータを移行して使い続けることも可能です。

Android向けのモバイルPASMOと違い、Apple PayのPASMOはApple Walletに複数枚を登録できるほか、PASMOとSuicaの両方を登録して切り替えて利用することができます。この点で、一部機種以外はSuica・PASMOの切り替えができないモバイルPASMOより便利といえるでしょう。

iPhoneはPASMOアプリで機能がアップ

Apple PayのPASMOは、Apple Walletに登録するだけで利用でき、登録したクレジットカードからのチャージや利用履歴の確認が行えます。しかし、App Storeで公開中のPASMOアプリを追加でインストールすると、PASMOに関するさまざまなサービスも利用可能になります。

PASMOアプリで追加される機能は、Apple Wallet登録のものとは別のクレジットカードからのチャージ・定期券の区間変更・オートチャージの設定変更・バス利用特典サービスの情報確認・払い戻しです。このPASMOアプリの利用には、PASMO会員への登録が必要となります。

なお、Apple WalletにPASMOを追加すると、自動的にそのPASMOがエクスプレスカードに設定されるため注意が必要です。エクスプレスカードは、スリープやロックがかかった状態でも使え便利ですが、Suicaをメインに利用する場合などは、この設定を切り替える必要が出てきます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事