ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhone「片手操作」指が届くようにする便利設定

iPhoneを使っていて、画面全体が下がる時があると不思議に思っている人は多いはず。じつはこれ、iPhoneで片手操作をしやすくするための「簡易アクセス」という機能です。このほかにも、片手操作で文字を入力するフリック入力がしやすくなるように、キーボードを左右どちらかに寄せる機能もあるのです。


iPhone「片手操作」指が届くようにする便利設定

iPhoneの片手操作で画面上部に届く

iPhoneを片手で操作する時に、画面上部を指の届く範囲に移動させるために、画面全体を下げて表示するのが「簡易アクセス」という機能。iPhoneの簡易アクセスを知らずに使っていて、勝手に画面が下がる時があって使いにくいと思っていたという人も多いでしょう。

iPhoneの簡易アクセスを使えば、画面の下部を下にスワイプすることで、片手操作でも画面上部まで指が届くようになります。ただし、iPhoneX以降は初期設定で簡易アクセスがオフになっているので「設定」でオンにしなければなりません。

簡易アクセスは「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」から設定可能。ここで「簡易アクセス」をオンにします。これでiPhone画面下部を下にスワイプすると、画面が下がるようになるのです。

iPhone片手操作の文字入力を助ける

iPhoneを片手操作している時の文字入力を助けてくれるのが、キーボードを左右どちらかに寄せる機能です。左手で操作するならキーボードを左寄せ、右手なら右寄せできます。

キーボードを左右に寄せる機能は、ソフトウェアキーボードの地球儀アイコンを長押しして表示されるメニュー最下部のキーボードのアイコンで位置を選択。キーボードが少し小さくなって表示され、片側に寄ります。

フリック入力だけでなく英字キーボードや絵文字にも対応するので、端の文字も押しやすくなるというわけ。解除するにはもう一度、地球儀アイコンを長押しして設定するか、寄せた空白部に表示されている矢印をクリックすればOKです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事