ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneのパスコードを思い出せない時の最終手段

iPhoneをはじめ、iOS端末のさまざまなロックを解除できるのが「AnyUnlock」という管理ツール。設定したパスワードを忘れてしまった場合の奥の手として使うには重宝しますが、端末内のパスワードを抜き出す機能もあったりと、使い方によっては危険です。有料ツールだけに成功率が高く、整理されたUIで直感的に操作できます。


iPhoneのパスコードを思い出せない時の最終手段

iPhone画面ロックのパスコードを解除

iOS端末の管理ツール「AnyUnlock」の主要機能は「Apple IDの削除」「画面ロックの解除」「スクリーンタイムパスコードの解除」「保存されているパスワードの復元」「iTunesバックアップの暗号化解除」などです。

AnyUnlockのホーム画面を見てみると、パスワードやロックなど、iOSデバイスのあらゆる縛りを突破できることがわかります。価格は3か月契約3,580円(1デバイス)、1年契約3,980円(1デバイス)です。

さっそく、AnyUnlockで画面ロックやスクリーンタイムのパスコードを解除する手順を見ていきましょう。まずはAnyUnlockをインストールしたPCとiPhoneを、Lightningケーブルで接続。ロック解除機能を選択した状態で接続します。

iPhone端末内のパスワードを復元する

ここで「今すぐ解除」をクリックすれば、iPhoneのロックが解除されるというわけ。データは初期化されるのが難点ですが、どうしてもパスワードが思い出せなかったり、画面が割れてパスコードが入力できない場合などに有効でしょう。

AnyUnlockのメイン画面で「iOSパスワード管理」機能を選択すると、端末に保存されているさまざまなパスワードを復元することも可能です。パスワードを入力してiPhoneのバックアップを行い、解析を始めます。

解析が完了すると、端末に保存されているSNSや通販サイトのアカウントの一覧が表示されるのです。パスワードは黒塗りになっていますが、表示ボタンをクリックすると表示されます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事