ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

再び脚光を浴びている「iPhone脱獄」の現状は?

iOSのバージョンが5~7の時代に大流行した「脱獄(Jailbreak)」は、SIMロックを解除するなどiPhoneを自分好みにカスタマイズできるということで、ハードなユーザーに人気でした。最近ではiOSのアップデートによるセキュリティ強化ですっかり下火になった感のあるiPhone脱獄は、いまどのような状況になっているのでしょう。


再び脚光を浴びている「iPhone脱獄」の現状は?

iPhoneの脱獄が手軽に可能になった

iPhone脱獄がいま、再び脚光を浴びています。2019年にブートROMの脆弱性を突く「Checkm8」の手法が確立し、iPhone Xまでの脱獄が手軽に可能となったからです。

とはいえ、かつてのiOS自体のカスタマイズ性の低さなどからのiPhone脱獄の需要はすでに消え去りました。以前に重宝した野良アプリ群も、動作環境が変わり動かなくなったものが多数。なので現在、iPhoneを脱獄するメリットはかなり少ないといえそうです。

そもそもiPhone脱獄のメリットは、iOS標準では不可能なさまざまなカスタマイズが可能なこと。カメラのシャッター音を消すなど利便性が向上します。App Storeで配布されていない非公式アプリを導入できるのも利点でしょう。

最新のiPhoneの脱獄手順を検証した

iPhone脱獄のデメリットとしては補償対象でなくなること。作業は自己責任です。またiPhoneの脱獄は法的にグレー。銀行系アプリやPay系支払いアプリなどは動作しないこともあります。半紐付き脱獄タイプは、再起動後は再度DFUモードから再脱獄が必要になるなど面倒です。

ここではiOS12.3~13.3に対応するiPhone脱獄ソフト「checkra1n」を検証してみましょう。まずcheckra1nをダウンロードしてPCにインストール。iPhoneを電源+ホームボタンの長押しでDFUモードにして、PCとケーブル接続します。

ブートにパッチを当てインストール開始。checkra1nを導入したのちに、非公式アプリストア「Cydia」をiPhoneにインストールすると、iPhoneの脱獄完了です。なお、iPhoneは脱獄すると動作しなくなるアプリが多数。あくまで自己責任で行ってください。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事