ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneキーボード「フリックのみ」にすべき理由

iPhoneで同じ数字を連続して入力しようとしたら「~」など、変な記号が出てきてしまい、入力し直したことがあるはず。これは携帯電話の入力方法である「トグル入力」が有効になっているためにおきる現象です。iPhoneの数字入力で出る意味不明の記号は、キーボードの設定で「フリックのみ」をオンしておけば防ぐことができるのでした。


iPhoneキーボード「フリックのみ」にすべき理由

iPhoneにはフリック入力とトグル入力

iPhoneユーザーの多くは、キーボードの文字入力に「フリック入力」を使っているでしょう。フリック入力とは、キーをタップしたまま上下左右にスライドさせて別の文字を表示するもの。「あ」を左にフリックして「い」、上にフリックして「う」を入力する、おなじみの文字入力です。

じつは、数字にもフリック入力が割り当てられていて、フリック操作でさまざまな記号を入力できます。「0」を左にフリックすると「~」、「0」を上にフリックすると「…」が入力可能です。

ところが、iPhoneの文字入力は同じキーを続けて押すと、フリックで出るはずの文字が出現。「あ」を2度続けて押すと「い」、3度押すと「う」となってしまいます。これは、10キーがあった時代の携帯電話の入力方法「トグル入力」もオンになっていることが原因です。

このため、数字入力で「0」を2回入力すると「0」を左にフリックした時に出る「~」が、「0」を3回入力すると上にフリックした時に出る「…」が表示されてしまうのです。これが数字入力で意味不明の記号が出る原因なのでした。

iPhoneをフリックのみにするメリット

iPhoneの数字入力でこうした意味不明の記号が出るのを防ぐには、iPhoneのキーボードの設定を変更する必要があります。その方法は、まずホーム画面から「設定」から「一般」→「キーボード」と選び、設定項目のなかから「かな入力」の「フリックのみ」をオンに変更するのです。

これで、数字入力で「0」を2回押しても、そのまま「00」と入力されるようになります。なお、本当に「~」を入力したい場合は「0」を左へフリックすればOKです。

また、キーボードを「フリックのみ」に設定すると「日本語/英字/数字」のキーボード切り替えが早くなるというメリットがあります。初期設定では、日本語から数字へ文字入力を変更する際、左下にある文字種切り替えボタンを2回タップする必要がありました。

しかし、「フリックのみ」に設定すると、キーボード左側に文字種である「123」「ABC」「あいう」の3ボタンが表示。日本語から数字へは「123」をタップすればすぐ切り替わり、日本語に戻すときも「あいう」をタップすれば一発。これがiPhoneではキーボードを「フリックのみ」にすべき理由です。

■「iPhone」おすすめ記事
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone「空白の長押し」意外と知らないテク集
iPhone無音カメラはマイクロソフト製が高機能
iPhone画面が勝手に下がるのは「簡易アクセス」
iPhoneのGPS位置情報を好きな場所に偽装する方法
iPhoneでも手軽に通話を録音する方法があった
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
身長も測定できるiPhone「計測」アプリの使い方
iPhoneアナライザー2でLINEのトーク履歴を解析

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事