ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

故障したiPhoneのホームボタンを自力で修理する

世界的に人気の「iPhone」は、修理用の互換パーツが多数販売されています。Amazonだけでもバッテリーをはじめ、液晶パネル、背面カメラ、ホームボタンなど、数えきれないほどの商品がラインアップされているはず。これらを活用すれば、劣化した端末をApple公式の修理よりも安く新品同様にオーバーホールすることも可能なのです。


故障したiPhoneのホームボタンを自力で修理する

iPhoneのホームボタンは故障しやすい

使用回数の多いiPhoneのホームボタンは故障しやすい箇所です。反応が鈍くなったり、反応しなくなるといった症状はよくあります。そんなホームボタンの互換パーツはたくさんあるものの、ほとんどが指紋認証に対応していません。

また、パーツ構成の異なるいくつかの種類がありますが、入手しやすい第4世代を使えば問題ないでしょう。今回は「新しいバージョン4のホームボタン」を使用。Amazonでの実勢価格は1,799円です。

まずはiPhoneの充電端子横の2つの特殊ネジをペンタローブドライバーで外したら、ホームボタンの少し上の位置にプライヤーの吸盤を貼り付けて開いていきます。

iPhoneのホームボタン修理が完了した

液晶パネルとメイン基板はフレキシブルケーブルが3か所つながっているので、慎重に作業してください。液晶パネルを外したら、防水シールを、プラスチックヘラで溝を擦るように剥がしていきます。

続いて、スピーカーユニット上の金属プレートを取り、充電基板の端子を外します。この時、液晶パネルとタッチパネルの端子も一緒に外しておきましょう。フロントカメラは金属プレートを取り除き、端子を外して本体と液晶を分離します。

iPhoneのホームボタンは液晶パネル裏面に金属プレートで固定されている状態です。ホームボタンの交換は、まずはYネジ4本を外して、金属プレートを取り外します。

次に液晶パネルと接続されている端子を取り外し、液晶表側からボタンを抜き取るのです。あとは互換パーツに付け替え、元に戻したらiPhoneのホームボタン修理は完了です。

■「iPhone」おすすめ記事
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone「空白の長押し」意外と知らないテク集
iPhone無音カメラはマイクロソフト製が高機能
iPhone画面が勝手に下がるのは「簡易アクセス」
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
iPhoneのGPS位置情報を好きな場所に偽装する方法
iPhoneヘルスケアに連携すべき睡眠アプリは?
iPhoneでも手軽に通話を録音する方法があった

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事