ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEブロック確認の裏ワザとブロックされた相手に電話する方法

無料通話やキャリア認証スルーでID検索ができるなど、LINEがもっと便利になる裏ワザがいろいろあります。LINEで任意の相手を常に上位表示させたり、特定の相手のメッセージ通知をオフにしたり、LINEブロックを確認できたり…。はたまた、LINEブロックされた人にメッセージを送る方法もあります。LINEブロック確認の裏ワザと合わせて、知って得するLINEの裏ワザ6選を紹介しましょう。


LINEブロック確認の裏ワザとブロックされた相手に電話する方法


LINEでブロックが確認された相手に電話できる

LINEの裏ワザその1は、固定電話・スマホと無料通話する方法です。LINEの通話サービス「LINEOut Free」は、固定電話などと無料で通話できます。「その他」タブの下部にある「LINEOut Free」をクリックし、15秒程度の広告動画を視聴すればOKです。LINEOut Freeの通話時間は固定電話3分、携帯電話1分です。

LINEOut FreeならLINEでブロックが確認された相手に電話できるという裏ワザもあります。ただし、LINEでブロックが確認された相手に電話できるケースは、もともと知り合いで電話番号がスマホの連絡先に入っている場合に限定されますが…。

LINEの裏ワザその2は、任意の相手を常に上位に表示させる方法です。よくトークする友人や恋人をLINEで上位に表示させるには、相手のプロフィールにある「★」をタップ。そして、LINEトークの表示順を「お気に入り」順にすると、上位に固定されます。これでLINEに毎日届くニュースなどより任意の相手を上位に表示させられるのです。



LINEでブロックが確認されてもメッセージ

LINEの裏ワザその3は、任意の相手のメッセージ通知をオフにする方法です。LINEのメッセージは着信時、内容が見えるとマズイこともあります。LINEは相手のトークルームの設定で「通知オフ」をタップ。これでLINEで任意の相手のみ通知されません。

LINEの裏ワザその4は、ブロックが確認された友だちにメッセージを送る方法です。LINEでブロックが確認された友だちと自分のグループを作り、そのプロフィールに友だちへのメッセージを書きましょう。これで実質的に、LINEでブロックが確認された友だちにメッセージを届けられます。

LINEでブロックが確認された相手にメッセージを送る裏ワザは「グループ作成」で名前欄にメッセージを記入。LINEはブロックが確認されてもグループの招待通知は拒否できないので、この20文字に気持ちを込めます。



LINEでブロックが確認されてもメッセージ

ただし、このLINEでブロックが確認された友だちにメッセージを送る裏ワザは仕様変更により、現在は使用不可。LINEでブロックが確認された友だちにはグループの招待通知が届かないようになっています。

LINEの裏ワザその5は、電話帳から友だちに自動追加させない方法です。電話帳の名前の前に「#」を付けると「友だち自動追加」機能をオンにしても追加の対象外に。不要な相手をピンポイントで避けられます。

LINEの裏ワザその6は、キャリア認証無しでID検索をする方法です。知らない人でも検索して友達になれるID検索ですが、未成年や身分が未認証だと、利用できません。基本的に携帯キャリアの年齢認証が必要なため、格安SIMでは使えない場合も…。そんな時は、PC版のLINE。身分証も不要でID検索ができます。


LINEブロック確認した友だちと話す裏ワザ

LINEブロックが確認された相手にメッセージを送る裏ワザは、LINEの仕様変更により使えなくなりましたが、まだ別の裏ワザがあります。通常、LINEはブロックしたことが確認された人と話すことは不可能ですが、グループ経由なら話は別です。共通の友だちにグループを作成してもらい、ここにLINEブロック確認した友だちを招待してもらいましょう。

グループ内であればLINEはブロック確認した人でも関係なく、相手にメッセージを届けられます。これがLINEでブロック確認した友だちと話す裏ワザですが、まぁ嫌がられるでしょう…。

LINEでブロック確認した友だちと話す裏ワザは、話の分かる共通の友だちに、LINEブロック確認した人を含めたグループの作成を依頼します。LINEでブロック確認した友だちと話す裏ワザは、これが難関かもしれません。


LINEブロック確認の裏ワザにスタンプ

そして、LINEブロック確認した人と自分のどちらもグループに招待してもらいます。あとは、LINEブロック確認した人がグループに参加するのを待つだけです。

グループ内ではLINEでブロックされた人&してない人に関係なく、話すことが可能。LINEでブロック確認した友だちにどうしても話す必要がある場合に有効な方法でしょう。

LINEブロック確認した相手に電話できる裏ワザは紹介しましたが、そもそもLINEブロックされたか確認するにはどうしたらよいのでしょう。LINEブロックされたか確認する裏ワザはいくつかありますが、もっとも有名なのがスタンプのプレゼントです。

LINEブロック確認の裏ワザとブロックされた相手に電話する方法


LINEブロック確認の裏ワザで判断

iPhone版のLINEがバージョン9.7.0から、アプリ内から友だちにスタンプをプレゼントできるようになり、LINEでブロックされてるか確認する裏ワザに使えるようになりました。以前はAndroidでしかできなかったLINEブロックされてるか確認する裏ワザであるスタンプのプレゼントが、iPhoneでも使えるようになっています。

すなわち、LINEでブロックされてるかの確認する裏ワザは、iPhoneもAndroidもマイナーなスタンプを確認したい友だちにプレゼントします。このLINEでブロックされてるか確認する裏ワザは、ブロックされていなければそのまま購入画面に進みます。

LINEでブロックされてるか確認する裏ワザは、ブロックされている場合は「プレゼントできません。」と表示されるのです。こうしてLINEブロック確認の裏ワザで、ブロックされているか否かが判断できます。

■「LINEブロック確認」おすすめ記事
LINEのブロック確認はiPhoneとAndroidで違う
LINEがブロックされているかを確認する方法

■「LINE」おすすめ記事
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEのトーク履歴を検索して目的の会話を探す
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定
LINE新規登録で本人認証なしでアカウント開設
LINE友達追加のセキュリティ設定を再チェック

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • 勝手にアプリが開くのを止めてブラウザで開く方法
    勝手にアプリが開くのを止めてブラウザで開く方法
  • 迷惑電話防止機能を電話機に外付けするアイテム
    迷惑電話防止機能を電話機に外付けするアイテム
  • 最新版の迷惑電話防止機能付き電話機どう進化?
    最新版の迷惑電話防止機能付き電話機どう進化?
  • 歩くだけでポイントが貯まるアプリは併用で稼ぐ
    歩くだけでポイントが貯まるアプリは併用で稼ぐ

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次