ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEアカウントを完全匿名で登録する方法2つ

スマホの必須ツールとなったLINE。Facebookアカウントによる登録も可能ですが、スタンプの購入やLINE版IP電話の「LINE Out」などの全機能を使うには、SMSによる本人確認が必要です。とはいえ、LINEを身元をさらさずに自由に使いたい人もいるはず。完全匿名でLINEアカウントを作る方法を見ていきましょう。


スポンサーリンク
LINEアカウントを完全匿名で登録する方法2つ

LINEアカウントを海外SIMで登録

LINEアカウントを作るには基本的にSMS認証が必須。キャリアの端末では本人確認されるため、当然ながら匿名での利用はできません。さらに、LINEでは青少年保護のため、ID検索機能を利用するには年齢確認が必要。これにはキャリアのアカウントが必須となるため、さらにハードルが高くなるのです。

そんなLINEを諸事情により身元をさらさず完全匿名で安全圏から自由に利用したいという人には、2つの方法があります。1つは、海外プリペイドSIMを使用する方法。もう1つは、SMS認証の代行サービスを使う方法です。

海外旅行者向けのプリペイドSIMは国内でも販売されています。この海外用SIMの中には、LINEアカウントを登録できるものもあるのです。すべてが対応するわけではないので、事前の情報収集は必要になります。

LINEアカウント登録の認証を代行

Amazonなどで容易に入手できる香港のプリペイドSIMを利用したところ、APN(アクセスポイント名)を設定した後、LINEにアカウント登録。SMS認証も無事行えるだけでなく、年齢確認をスキップしてID検索まで利用できるようになりました。

また、SMS認証代行サービスというものが存在します。今のところ規制が無いため、これを使ってLINEのアカウント登録は可能。ただし、年齢確認をするわけではないので、ID検索は利用できません。SMS認証代行はオークションサイトやフリマサイトで依頼するのが通常。1回の認証につき、500円程度が相場となっています。

このほか、海外には認証を代行するSMS受信サービスが存在。「SMS Receive Free」は、アメリカ・カナダ・イギリスの仮想電話番号を利用してSMS認証を行えるサービスです。海外サービスの利用で認証を求められたら使ってみるとよいかもしれません。

■「LINEアカウント」おすすめ記事
LINE新規登録に2台持ちガラケーでアカウント開設
LINEアカウントが匿名で作れる「Travel SIM」
LINEも登録できる完全匿名ケータイの作り方

■「LINE」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEブロックを確認するスタンプのプレゼント
LINEスタンプ販売で儲けるための傾向と対策
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事