ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEの年齢確認なしでID検索を行うテクニック

LINEでは18歳未満のユーザーがトラブルに巻き込まれないように、LINEで年齢確認しないと、一部の機能が制限されています。LINEで年齢確認しないと使えない機能は「ID検索」「電話番号検索」「IDによる友だち追加」の3つです。この制限を解除するにはLINEで年齢確認を行う必要があります。


LINEの年齢確認なしでID検索を行うテクニック

LINEの年齢確認が格安SIMはできない

LINEで友だち登録する手順としては「LINE IDの交換」→「ID検索」が定番です。しかし、かつて出会い系ツールとしてLINEが悪用されたため、LINEのID検索は18歳以上であることを証明しなければ使えません。

LINEの年齢確認は、NTTドコモ、au、ソフトバンクが提供している「年齢判定サービス」と照合して行います。このため、多くの格安SIMでは年齢確認ができないため、LINEのID検索が使えません。

このように、年齢確認をしないと使用できないのがLINEのID検索。ここで役立つのがPC版LINEです。PC版のLINEでは年齢確認しなくても「ID検索→友だち登録」ができます。

LINEの年齢確認なしでID検索を行う

PC版のLINEで年齢確認なしでID検索を行う方法は、まずPC版LINEをインストール。左端のアイコンで、「友だち追加」をクリックします。「友だち検索」を選び、IDを入力して検索。ユーザーが見つかったら「追加」ボタンで登録すればOKです。

なお、PC版のLINEは、既読をつけないでメッセージが読めたり、画面キャプチャの共有や画像のテキスト化など便利な機能が揃っています。LINEのメッセージ誤爆の取消にも活用可能です。PC版も併用して、より便利にLINEを使いこなしましょう。

なお、格安SIMでもLINEの年齢確認ができるのが「Y!mobile」と「LINEモバイル」。ワイモバはソフトバンクのサブブランド。「My Softbank!」経由で年齢確認が行えます。LINEモバイルはマイページから利用コードを取得して認証する仕組みです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事