ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

撮影

ワンタッチで赤外線撮影できる市販コンデジとは

軍事利用から古文書研究まで、あらゆるジャンルで利用されるのが「赤外線カメラ」による撮影です。最近では、ドラレコなどでも活躍しています。そんな実用性の高い赤外線カメラですが、市販のデジカメは赤外[…続きを読む]

夜景をスマホで撮るなら「Pixel5」が優秀だった

最近のスマホは夜景撮影の需要もあり、多くの機種で暗所撮影に特化したナイトモードを搭載。誰でも簡単にキレイな写真が撮れるようになっています。そこで、数あるスマホの中で、暗闇での撮影でも明るくきれ[…続きを読む]

ハンディカム「赤外線撮影」を制限解除する方法

元盗撮師の男へのインタビューで盗撮に手を染めたきっかけを尋ねたところ「ソニーのハンディカムが発売されたから」と回答しました。ソニーのNIGHTSHOT機能を搭載したハンディカムは裏グッズの代表[…続きを読む]

写真の撮影場所の情報を書き替えてアリバイ工作

「ジオタグ」とは、写真やTwitterのツイートなどにタグとして追加できる、地図上の位置(緯度・経度)を示す数値データのこと。専用のソフトやアプリを利用すれば、パソコンやスマホで写真の撮影場所[…続きを読む]

iPhoneの複数レンズで同時撮影できる無料アプリ

iPhoneは7 Plusから複数カメラを搭載するようになり、最新のiPhone11 Proでは、広角・超広角・望遠・インカメラと4つのレンズを備えるまでに進化。その都度切り替えて撮影していま[…続きを読む]

ソニーの「赤外線撮影」機能が制限された理由

ソニーのNIGHTSHOT機能を搭載したハンディカムは裏グッズの代表格。1998年春にリリースされたこの8㎜ビデオカメラは、NIGHTSHOT機能をONにすると、赤外線カットフィルターがOFF[…続きを読む]



1万円で買える車内撮影が可能な3カメ式ドラレコ

タクシーやバスは車外だけでなく、車内を撮影するドライブレコーダーを付けた車両が増えてきました。常磐道あおり運転殴打事件のように、あおり運転の末に窓から運転手を殴りつけるケースもあります。とはい[…続きを読む]

デジカメで手っ取り早く赤外線撮影する方法とは

市販されているデジカメは、内部に赤外線をカットするフィルターが入っており、赤外線撮影ができない設計です。しかし、その赤外線カットフィルターを除去して、可視光線を吸収して赤外線を透過するフィルタ[…続きを読む]

スマホホルダー型ビデオカメラで密かに車内撮影

昨今、世間を騒がせているのがパワハラやセクハラです。これまで個人が権力者や組織に立ち向かっても、ひねり潰されるのがオチだったのは過去の話。証拠を揃えて悪事をぶちまければ、個人でも問題解決が可能[…続きを読む]

スマホでプロ顔負けの映画撮影ができるアイテム

昨今、映画製作の現場ではスマホの導入が盛んです。それに伴って、プロ機並みの性能を発揮するスマホ強化アイテムが続々と登場しています。中でも、装着すればプロ顔負けの映画撮影が可能になる本格派レンズ[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]