ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ワンタッチで赤外線撮影できる市販デジカメとは

軍事利用から古文書研究まで、あらゆるジャンルで利用されるのが「赤外線カメラ」による撮影です。最近では、ドラレコなどでも活躍しています。そんな実用性の高い赤外線カメラですが、市販のデジカメは赤外線撮影が制限されているのが一般的。しかし、かつては赤外線ライト内蔵のデジカメが発売されていたのです。


ワンタッチで赤外線撮影できる市販コンデジとは

ツマミをスライドすると赤外線撮影

2010年に発売されたYASHICAブランドのコンパクトデジタルカメラ「F537IR」は、赤外線ライトを搭載したユニークな製品です。発売当時の価格は7,980円でした。

本体上部には「IR」と書かれたツマミがあり、これをスライドするとレンズ前に設置された赤外線カットフィルターが内部に収納され、赤外線撮影が行える状態になる仕組み。ちなみに、本機は廃番になっており、ネット市場ではプレミアが付いています。

レンズの周りに装備されている赤外線LEDは6灯。肉眼では光っているように見えませんが、赤外線カメラで撮影してみると、LEDが紫色に光っていることが分かります。

赤外線撮影は夜間でもストロボ不要

このデジカメはワンタッチで赤外線撮影ができるため、夜間でもストロボ不要。ペットなどに気づかれずに撮影できます。ただし、暗所で写る範囲は赤外線LEDの照射範囲のみです。

モノクロ撮影をした場合は色が濃いものは黒に近づきますが、赤外線撮影では赤外線の反射率で色味が異なるのが特徴。モノクロでは黒になる消防車や葉っぱも白く写ります。

F537IRの望遠はデジタルズーム5倍で、最高解像度は4032×3024p(画像)、720p/30fps(動画)です。保存形式はJPEG(画像)、AVI(動画)となっています。記録メディアはSDカード(最大16GB)。サイズ/重さは94W×61H×18.2Dmm/80gです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事