ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

防災

「防災ラジオ」で情報収集力に差が出るポイント

大規模災害の発生を知らせる緊急警報放送と緊急地震速報を受信すると、自動的に電源が入る「防災ラジオ」。東北地震以降、各メーカーからこぞって発売されましたが、その多くがポータブル型でした。そこに、[…続きを読む]

災害発生時に防災無線を受信するメリットとは?

全国各地で、集中豪雨など局地的に大きな被害をもたらす風水害が発生しています。災害発生時は、都道府県や自治体が使う防災無線は重要な情報源です。防災無線は平時の交信が少なく地味な存在ですが、突然の[…続きを読む]

地元のサバイバル情報が入る「防災無線」とは?

防災無線とは国や省庁、そして自治体の防災機関が使用する無線の総称です。厳密には「地方行政無線」として自治体に割当てられた周波数もあり、実際の運用において、「防災行政無線」との区別が難しいのです[…続きを読む]

河川の増水状況など地元情報が入る防災無線とは

「防災無線」とは、国や省庁、そして自治体の防災機関が使用する無線の総称です。厳密には「地方行政無線」として自治体に割当てられた周波数もあり、実際の運用において、「防災行政無線」との区別が難しい[…続きを読む]

2週間の連続受信が可能なソニーの低価格ラジオ

災害時の情報源としてラジオの有効性は言うまでもありません。ソニー製ラジオの中で「ICF-P26」は最も低価格帯の製品で、昔ながらのラジオといった感じの無骨なスタイル。操作部分は選局・音量・電源[…続きを読む]

千円で買えるポケットラジオの防災レベルは?

家電量販店やネット通販では、千円前後のポケットラジオがたくさん売られていますが、防災ラジオとしての実力は気になるところです。ジェネリック家電メーカーとして有名なオーム電機と、家電を中心にしたプ[…続きを読む]



明るさ調整できる懐中電灯など使える防災アプリ3選

災害時のデマは命取り。確実な情報を入手するために数ある防災アプリの中から、必須のアプリをピックアップしました。素早くかつ正確な情報をつかむためのニュースアプリ、明るさを調整できる懐中電灯アプリ[…続きを読む]

消防本部に1波だけ残る150MHz帯アナログ波とは

2016年5月31日をもって、150MHz帯の消防無線はデジタル化され、270MHz帯へ移行しました。アナログ消防無線として残っているのは、466MHz帯の署外活動系(署活系)だけですが、実は[…続きを読む]

新聞紙とビニール袋で寒さをしのぐサバイバル術

東京都の全世帯に配布されているのが『東京防災』。地域ごとの防災マップと防災冊子がセットになった冊子です。防災の知識や実践的なテクニックが多数掲載されていて便利なのですが、イラストばかりでイメー[…続きを読む]

防災に最適なLEDライト搭載のポケットラジオ

LEDライト付きのポケットラジオ「TY-SPR4」は、東芝エルイートレーディングの最新モデル。旧モデルの黒やシルバーといったオジサマ向きな色合いから一転、華やかなパールホワイトへと開花しました[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]