ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

プリンターインクの互換品は純正品と何が違う?

プリンター本体は安いのに交換用純正インクは高価。そこで活用したいのが、互換インクカートリッジです。プリンターインクの互換品は、使い終わった純正品のカートリッジを回収して、製造元とは異なるメーカーがインクを充填し販売している製品。プリンターインクの互換品は純正品と何が違うのでしょう?


スポンサーリンク
プリンターインクの互換品は純正品と何が違う?

プリンターインクの互換品は再利用

プリンターインクの互換品は、純正品のカートリッジを再利用することで、その分価格を抑えて販売しています。とはいえ、心配なのはその品質。安かろう悪かろうでは意味がありません。また、エラーが起きて使えないのでは困ります。

そこで、今回はキヤノンのプリンターを使って、純正インクと互換インク2製品の品質を比較しました。互換品と純正品にはどの程度の差があるのでしょう。

使用したインクジェットプリンターは、キヤノン「PIXUS MG3630」(2015年モデル)で実勢価格は6,500円です。比較したプリンターインクはキヤノンの純正品が「BC-340 ブラック」(1,557円)と「BC-341 3色カラー」(1,751円)、互換品はジットの「JIT-C340B」(972円)と「JIT-C341C」(1,255円)、エコリカの「ECI-C340B-V」(888円)と「ECI-C341C-V」(1,147円)になります。

プリンターインクの互換品の表現力

各プリンターインクで同じ条件(それまでの出力枚数、設定など)の下、写真紙に画像を出力し、色味の違いを比較しました。キヤノンの純正インクは元画像よりもやや赤みが強く、全体的にビビッドな色合いとなっています。

対してジットは、キヤノンに比べると赤みが抑えられているものの、黒が弱く全体的に薄くボンヤリした印象。エコリカは、赤が薄く黄色がやや強い色合いでした。好みはあるものの、やはり互換品では純正品の表現力には敵わないようです。

続いて、各製品で何枚カラープリントができるのかをチェックしました。結果はなんとジットがダントツの1位で81枚。純正品の48枚よりも30枚以上多くプリントできました。また、エコリカも54枚と純正品の枚数を超え、互換品が健闘しています。

互換インクは残量カウンターが使えなかったり、カートリッジ交換時に通常とは異なる手順が必要だったりと、面倒な点もあります。しかし、今回の比較では高精度の発色を求めるような印刷をしない限りは、十分耐えられる品質だと分かりました。

■「プリンター」おすすめ記事
3Dプリンターを低価格で使いこなすテクニック
DMM.makeの3Dプリントのネット注文お得ワザ
DMM.makeはモノ作りの全工程がここだけで完結

■「節約」おすすめ記事
電気代を節約するための契約アンペアの適正人数
水道代節約は便利グッズを使えばストレス知らず
ガス代節約はお風呂の追い炊きとサヨナラする
プロバイダ乗り換えはマメに行って料金を節約
電話アプリを使って通話料を0円もしくは半額に
ドコモを格安スマホにすると月5千円も安くなる
格安SIMおすすめプランで年間6万円以上浮く!

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事