ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ソーラーパフを100均グッズを活用して自作した

太陽光で充電でき、小さく折り畳めることで人気の「ソーラーパフ」。3,500円ほどとLEDライトにしてはやや高価なので、自作してコストを抑えましょう。防水機能の再現は難しいものの、太陽光充電と折り畳みは再現可能。本家は1辺が11cmの立方体ですが、自分で作れば好きなサイズにアレンジできます。


スポンサーリンク
ソーラーパフを100均グッズを活用して自作した

ソーラーパフ立方体の展開図を作成

ソーラーパフの自作に必要な材料は、ダイソーで買える「ソーラーガーデンライト」(108円)を2個と、ユタカの1.8m四方のレジャーシート「ホワイトシート3000」(771円)です。

まずはダイソーのソーラーガーデンライトのライト部を分解。ハンダでソーラーパネルを取り外します。ちなみに、ガーデンライト中身はごく普通のレギュレーター式ソーラーライトでした。

続いて、レジャーシートでソーラーパフの立方体の展開図を作ります。今回は1辺を10cmで作成。のりしろは1cm程度で十分です。収納用の折り目をつけ、真ん中にはソーラーパネル用の窓を3×6cmで空けておきます。

自作ソーラーパフは軽量かつ丈夫

瞬間接着剤などを使い、レジャーシートを立方体に組み立て。立方体の左右側面は後でフタをするので、そのまま残しておいてください。

ソーラーパネルを、透明の養生テープなどで裏から固定。むき出しだと劣化するので、透明のフィルムやクリアファイルを挟むとベターです。ソーラーパネルとLEDライトをハンダ付けします。最後にホワイトシートのフタをして完成。持ち手を付けるとより、本家のイメージに近づくでしょう。

完成した自作ソーラーパフは、本家に比べるとややボリューミーですが、厚さ2cmほどに折り畳めました。ボディの素材はレジャーシートなので、軽量かつ丈夫なのもポイントです。

■「改造」おすすめ記事
暗視カメラは格安Webカメラの改造で作れる!
iPhoneを防水仕様に自分で改造する方法とは?
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る
ドローンのカメラ映像をリアルタイム仕様に改造
バイク盗難防止グッズを車内設置用にプチ改造
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
iPhoneにSuicaを内蔵する改造サービスがある
Wi-Fiアンテナを100均のボウルでパワーアップ
見かけたら即買いの「100均工具」おすすめ4選
ダイソーの100円工具で注目したい5アイテム

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事