ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

トイレ掃除の洗剤は酸性とアルカリ性を使い分け

トイレ掃除の洗剤は、酸性とアルカリ性を使い分けることがポイント。というのも、トレイの便器の汚れには2種類あるからです。そこで、トイレ掃除に最適なアルカリ性と酸性のおすすめ洗剤をピックアップ。さらには、タンクの上の手洗器の頑固な汚れをきれいにするアルカリ性洗剤も紹介しましょう。


トイレ掃除の洗剤は酸性とアルカリ性を使い分け

ふだんのトイレ掃除はアルカリ性洗剤

トイレ掃除は便が酸性、尿がアルカリ性ということを理解することがポイント。ふだんの清掃には、消臭効果も高いアルカリ性の洗剤がオススメです。そして、便器のフチ裏にある尿石のこびりつきは酸性洗剤でゴソッと取れます。

トイレ掃除のアルカリ性洗剤なら、ジョンソンの「スクラビングバブル超強力トイレクリーナー」(400g・200円)。こすり洗い不要で、アルカリ性ですが尿石にも効果があります。

尿石系のガチガチの汚れには酸性クリーナーがベスト。酸性洗剤の代表格が「サンポール」(500ml・180円)です。酸に弱い樹脂製の便座もあるのでよく確認してから使用します。

トイレ掃除で便器の尿石は酸性洗剤

さらには、サンポールなどの酸性洗剤でダメなら、和協産業の業務用洗剤「デオライト-L」(1kg・1,382円)の出番です。便器の縁の裏側を鏡で見ると、結晶化した尿石を発見。デオライト-Lを浸したトイレ用スポンジで尿石を溶かしましょう。

トイレ掃除で意外に手間取るのが、手洗器の頑固な黒ずみ汚れ。皮脂に水道水のカルシウムなどが結びつき、強くこすっても落ちません。そんな時はカンペハピオの「洗面化粧台クリーナー」」(100ml・1,500円)で輝きが取り戻せます。

主成分の乳酸がアルカリ性のカルシウム汚れに効果的。メラミンスポンジに塗布して磨きますが、タンク内に液が入らないよう気を付けます。こすっても落ちなかった黒ずみが取れてツヤも回復。新品のようになりました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事