ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダイソンの掃除機を分解して丸ごと洗浄する方法

日本で大ブームを巻き起こした、ダイソンのハンディサイクロンクリーナー。コードレスながらも強力な吸引力がウリで、販売台数が尋常ではない数に達していることは、素人目にも明らかです。そこで、ダイソンの掃除機のサイクロンユニットを取り外して、丸ごときれいにする方法を紹介しましょう。


ダイソンの掃除機を分解して丸ごと洗浄する方法

ダイソンの掃除機専用の分解工具

ダイソンのハンディ掃除機は、その多くの機種がサイクロンユニットを着脱できない仕様なのがなんとも不便。ダストカップ部分は取り外せるものの、それ以外はブラシなどでお手入れする程度で、内部にこびり付いた頑固なチリやニオイはどうにもなりません。

そこで、ダイソン専用の分解工具の出番です。「セパレートツール」というスティック状の道具がそれで、Amazonやヤフオク!でも1,000円前後で取り扱われるようになっています。

このアイテムを使用すれば、モーターユニットとサイクロンユニットを簡単に分離でき、サイクロンユニット部分の水洗いが可能になるのです。

ダイソンの掃除機を分解する手順

ダイソンの分解できないハンディー掃除機「DC58/DC59/DC61/DC62/DC74/V6 fluffy」は、モータユニット部分にC型のプラスチックバネによる接続ロック機構が施されています。

C型のバネにツメががあり、その部分をセパレートツールで内側に押し込むことでロック解除となり、本体を分離できるのです。具体的な手順は、本体からダストカップを取り外したら、セパレートツールをモーターとサイクロンの間に挿し込みます。

セパレートツールを押すと、湾曲部に沿ってC型バネがすぼまる仕組みです。あとは2つのユニットをゆっくりと分離します。

専用工具セパレートツールが無い場合には、精密ドライバーなど先の尖った道具を2本使用して代用可能。ただし、すべての部品がプラスチックのため、破損すると致命的となるので作業は慎重に行う必要があります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事