ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警視庁が指南「マスクを曇らなくする方法」とは

さまざまな防災テクニックや知識が紹介されていると話題のTwitterアカウントが、警視庁警備部災害対策課の公式アカウント(@MPD_bousai)です。寒い季節に避難する時は、体を温める防災テクニックが役に立ちます。そこで、災害時だけでなく普段の生活でも応用可能な防災テクを紹介しましょう。


警視庁が指南「マスクを曇らなくする方法」とは

ペットボトルの簡易湯たんぽを実践

警視庁が指南する防災テクニックに「ペットボトルで湯たんぽを作る」というものがあります。停電時などで寒さをしのぐなら、ペットボトルで作る簡易湯たんぽが簡単かつ実用的です。

ペットボトルに60度程度のお湯を入れ、タオルで包むと温かさが継続します。携帯したり寝袋に入れたりしましょう。就寝時に足先が冷えて眠れないという人もすぐに実践できるテクニックです。

「毛布とブルーシートで簡易寝袋を作る」という防災テクニックもありました。避難所で毛布を支給された時、ブルーシートと組み合わせて寝袋を作るとより効率的に暖を取れます。

マスクでメガネを曇らなくする方法

簡易寝袋といって、作り方はガムテープでブルーシートに毛布を貼るだけ。簡易的ながら保温性は抜群。暖気を逃さずホカホカでした。これなら寒い中でも安眠できそうです。

「マスクでメガネを曇らなくする方法」はかなり実用的な防災テクニック。メガネをかけている時にマスクをすると、レンズが露結して曇りがちです。見た目もあまり美しいとは言えません。

そんな時はマスクにティッシュを1枚あてがうと、ティッシュが呼吸の水蒸気を防いで曇りません。ティッシュで覆うのはマスクの上半分。これでマスクをしていても、息でメガネが曇る心配がなくなります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。