ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

安くてドヤれる高コスパのプラチナカード3選

クレジットカードに“格安ゴールド”の上を行く、“格安プラチナ”の波が押し寄せています。高還元率&年会費無料のカードが人気を集める中、各カード会社は、コンシェルジュやプライオリティパスなど付加価値の高い特典が売りのプラチナカードで攻勢をかけているのです。


安くてドヤれる高コスパのプラチナカード3選

定番のプラチナカード特典を網羅

プラチナカードの最新動向としては、年会費2万~3万円のカードが続々登場。申し込み制でインビテーション不要で、付加価値の高い特典や優待が充実しています。

そんな中「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス」は、年会費21,600円ながら、コンシェルジュ・空港ラウンジ(プライオリティパス含む)・手荷物空港宅配などのサービスが一通り揃っていて、インビテーションは不要。予約困難な名門ゴルフ場の予約代行サービスも特徴的です。

入会初年度はポイント1.5倍、海外利用や記念月はポイント2倍になる上、国内外の旅行傷害保険(国内5,000万円、海外1億円)、渡航便遅延保険(2万円まで)、ショッピング保険(年間300万円)も完備します。

このほか、三菱UFJ銀行を支払口座にすると、提携先コンビニATM手数料や「三菱UFJダイレクト」の振込手数料が3回まで無料になります。定番のプラチナ付帯特典をほぼ網羅しながら、圧倒的な年会費の安さに加えて、ポイント優遇サービスがお得な高コスパのプラチナカードといえるでしょう。

高還元率が狙えるプラチナカード

「エポスプラチナカード」は、自身で申し込んだ場合の年会費は30,000円ですが、招待やカード利用額年間100万円以上で1万円引きの20,000円になります。24時間365日対応のVisaコンシェルジュ、海外旅行が5~10%割引になるVisaプラチナトラベルなど、Visaによる優待サービスがズラリ揃っています。

高級飲食店を2名以上で予約すると1名分が無料になる「エポスプラチナカードグルメクーポン」も利用可能。年間利用額に応じたボーナスポイントも魅力的です。

このほか、プライオリティパスに加え、最高1億円の旅行傷害保険、世界38都市で日本語対応が可能な海外サポートデスクなど充実した特典が多数揃っています。

「JCBプラチナカード」は、2017年に発行が始まった申し込み制のプラチナカード。コンシェルジュデスク・プライオリティパス・グルメベネフィットといったプラチナカードの基本スペックを一通り網羅しているにも関わらず、年会費は27,000円と比較的リーズナブルです。

JCBが同時に発行するプロパーカードという格付けの高さも魅力の1つでしょう。また、プラチナカードを利用し続けることで、JCBのブラックカードに相当する「JCB THE CLASS」のインビテーションが届く可能性もあります。

利用額に応じてポイント付与率が最大70%アップするなど高還元率が狙える一方で、コンシェルジュなど“お金持ち向けサービス”もバッチリな高コスパのプラチナカードです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事