ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

プラチナカード年会費の元を取るのは難しくない

プラチナカードといえば年会費10万円以上&招待制というのは昔の話。最近は年会費が5万円以下で、かつ申し込み制のプラチナカードを発行するカード会社が増えています。そんなプラチナカードは付帯特典を使いこなせば、年会費の元を取るのはそんなに難しいことではないのです。


プラチナカード年会費の元を取るのは難しくない

年会費2万~3万円のプラチナカード

高還元率&年会費無料のクレジットカードが人気を集める中、各カード会社は、コンシェルジュやプライオリティパスなど付加価値の高い特典が売りのプラチナカードで攻勢をかけています。“格安ゴールド”の上を行く、“格安プラチナ”の波が押し寄せて、年会費2万~3万円のプラチナカードが続々登場しているのです。

プラチナカードの代表的な特典であるプライオリティパスは、全世界に約1,200か所ある空港ラウンジを利用できます。ちなみにプライオリティパスは、空港ラウンジに関するサービスを提供する企業名です。

プライオリティパスの年会費は、利用無制限のプレステージ会員で399ドル(約43,000円)。この付帯特典だけでプラチナカードの年会費の元を取ることができそうです。

プラチナカードに入会する審査の基準

また、最高1億円の海外旅行傷害保険の保険料は、通常1万円程度(保険期間1週間)です。さらに、2名以上の予約で1名分がコース料金が無料になるグルメベネフィットを使えば、1万~2万円の食事代をタダにできます。

新幹線や飛行機の予約、各種イベントのチケット手配などが行えるコンシェルジュサービスは、一見さんお断りの超有名店への予約代行なども可能になります。そう考えていけば、プラチナカードの2万~3万円の年会費の元を取ることは決して難しくないといえるでしょう。

当然、プラチナカード入会には審査があるものの、基準はそれほど厳しくありません。一般的なサラリーマン程度の年収があれば、意外と簡単にお金持ち気分でドヤることができるのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事