ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネット決済専用バーチャルプリペイドカードとは

バーチャルプリペイドカード(バーチャルプリカ)は、オンライン専用のプリペイドカードのこと。ネット・ドラッグストア・コンビニで購入したり、カード会社が保有者向けに発行。クレカからチャージすることでポイントが付くカードがあったり、中には決済がポイント付与の対象になるサービスも存在します。


スポンサーリンク
ネット決済専用バーチャルプリペイドカードとは

バーチャルプリカの大きなメリット

バーチャルプリカはオンライン専用で使える、プリペイドタイプのカードのこと。物理カードはなく、サーバ上で残高情報を管理します。紐付けたクレカ、あるいは店舗などからアカウントに入金して使います。

匿名で持てるカードもあり、使用の際はクレカ番号が店舗に伝わらず、個人情報の漏洩リスクを抑えられるのも、バーチャルプリカの大きなメリットでしょう。即日発行できたり、未成年でも使えるカードもあります(一部は親権者の同意が必要)。

最近では「Kyash」のように、スマホアプリで管理するバーチャルプリカだけでなく、実店舗で使えるリアルカードを発行するサービスも登場しています。また、「三井住友VISAバーチャルカード」なら、日本だけでなく世界中のVisa対応の通販サイトで利用可能です。

バーチャルプリペイドカード2タイプ

バーチャルプリペイドカードは主に2タイプ。1つはカード会社がクレカのオプションとして発行するもの、もう1つが単体で発行するカードです。

中には、「Google Playカード」や「iTunes Card」のように、自社ストアのアプリや音楽の買い物に使うなど、用途が限られるバーチャルプリカも存在します。

バーチャルプリカは誰でも簡単に発行できるのが魅力。自社のクレカホルダーにしか発行しないバーチャルプリカもありますが、「Kyash」や「Vプリカ」のように審査不要で即日発行できるタイプも存在。一定金額をチャージして渡せば使い過ぎを防げるので、子どもの課金ゲームなどでも安心です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事