ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「なめたネジ」をスマートに外せる特殊工具2種

「なめたネジ」とは、ネジ穴が潰れてしまったネジのこと。ドライバーを回したらネジ穴が潰れてしまって、それでも無理にネジを回したら、ますますなめる悪循環に陥った経験がある人は多いでしょう。そうならないためにも、なめたネジをスマートに外せる特殊工具を紹介しましょう。


「なめたネジ」をスマートに外せる特殊工具2種

なめたネジの頭をガッチリ固定する

ネジの頭をなめてしまい、フツーのドライバーでは外せない場合に効果的なのが「ネジザウルス」シリーズです。「ネジザウルスVP-1」は、調節ノブで先端口開き幅を調整して握りこむことでネジの頭をロックする仕組みになっています。

縦溝が頭にガッチリ食いつき離れないので、あとはネジザウルスを回せばOK。ネジの頭を挟める状態の時に力を発揮します。ネジの頭の溝が潰れて、ドライバーで回せない状態でも、ネジザウルスは頭をガッチリ固定して回せるので、ネジを外すことが可能というわけです。

調節ノブを六角レンチで回すと、先端の口開き部の幅を調節できる構造。有効ネジ頭径はφ3~9.5mm、本体のサイズ/重さは52W×22H×150Dmm/205gとなっています。実勢価格は1,773円です。

電動ドリルになめたネジはずしビット

ネジザウルスはネジの頭が出ている場合に有効。ですが、ネジの頭が埋まっている場合はどうしたらよいのでしょうか。「なめたネジはずしビット」は、なめたネジの頭にドリル部で新たにネジ穴をあけてネジ部で外すビットセットです。

ネジザウルスでつかめないネジの頭は、穴をあけて取り外します。電動ドライバーにビットを装着して、回転を変えることでどんなネジも外せる仕組みです。ドリルで最後まで掘り進んだら、ネジはずしビットに替えてドリルを逆回転させて外すというわけです。

内容物はM2.5~3ネジ対応ビット、M3.5~5ネジ対応ビット、M6~8ネジ対応ビット、ステンレス加工用オイル、スペアドリル部品1.5・2.0・3.0mm、専用レンチ、専用スパナ、固定用ネジとなっています。実勢価格は2,530円です。

■「工具」おすすめ記事
見かけたら即買いの「100均工具」おすすめ4選
100均で売っているそっくり文房具を集めてみた
定規や分度器など12機能が詰まった万能アプリ
不動産業界で使われるメートル単位の定規アプリ

■「改造」おすすめ記事
暗視カメラは格安Webカメラの改造で作れる!
iPhoneを防水仕様に自分で改造する方法とは?
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
iPhoneにSuicaを内蔵する改造サービスがある
Wi-Fiアンテナを100均のボウルでパワーアップ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事