ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

消防無線の署活系がデジタル化されない理由とは

サバイバル無線の代表格だった消防無線は、2016年5月31日をもって、150MHz帯アナログ波の使用期限が終了。260MHz帯のデジタル波に移行して、聞けない状態です。しかし、聞けなくなった消防無線は、災害現場の状況を消防本部に報告する市町村波。一方、署活系(署外活動波)はアナログ波のまま残されたのです。


消防無線の署活系がデジタル化されない理由とは

消防無線の署活系の配備要件を緩和

消防無線の署活系は、466MHz帯に17波が割当てられていて、災害現場に出場した消防隊員間の連絡用に使用されています。周波数は466.3500~466.5500MHz(12.5kHzステップ)です。しかし、出力が1Wのハンディ機で運用されるので、現場の近くでなければ受信できないでしょう。

消防無線の署活系がデジタル化されず、アナログ波のまま残存したのには理由があります。デジタル無線特有の音声の遅延や無線機の重量化が、現場の消防士たちからの評判が悪かったためです。また、消防本部を運営する市町村の財政が厳しく、高価なデジタル無線機の導入費用が、ネックになった実情もあります。

これらの不満に対して総務省は、消防無線の署活系の配備要件を緩和したのです。署活系の使用は、人口30万人以上の都市を原則としていたものを、すべての市町村に認めることにしました。

こうして、大都市でしか使われていなかった消防無線の署活系が、地方でも導入できるようになったわけです。そんな事情もあって、消防無線は署活系の配備が急速に進み、全国各地から署活系の新波が報告されています。

消防無線の署活系は怒号が飛び交う

消防無線の署活系は災害現場での通信系。そのため通話内容は生々しく、時には怒号が飛び交うこともあるのです。

隊員A「住宅2棟、延焼中。内部に要救助者がある模様」
隊員B「要救助者の情報源はいかが?」
隊員A「情報源は居住者。なお要救助者は居住者の母親とのことです」
隊員B「了解」

東京消防庁では、署活系を消防署内の通信系として位置づけています。そのため、各消防署ごとに周波数が割当てられているのです。119番通報を受けて出場指令が出された後は、署隊(消防署)が処理する「署隊本部運用」という運用方法があります。その際の通話は、署活系で行うのです。

移動局「巣鴨1から、豊島署隊本部」
基地局「巣鴨1、どうぞ」
移動局「駒込2丁目の危険排除は指令同番地にして、看板の落下危険。3連ばしごを活用し看板を撤去。活動終了です。どうぞ」
基地局「署隊本部。了解」

災害発生時は、消防無線の署活系の割当て周波数をチェックすれば、近くで起こっている災害の情報が入手できます。(文/おだQ司令)

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事