ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

録画番組を「ワイヤレスHDMI分配器」で送信する

BDレコーダーの録画番組を隣の部屋で見たい時、イチイチメディアに焼くのはメンドウです。そこで便利なのが「ワイヤレスHDMI分配器」です。録画番組をメディアに焼かずに共有できるようになります。ワイヤレスHDMI分配器について、接続方法など詳しく見ていきましょう。


録画番組を「ワイヤレスHDMI分配器」で送信する

ワイヤレスHDMI分配器の伝送距離

サンワサプライの「VGA-EXWHD8」はBDレコーダーと送信機を、テレビに受信機をそれぞれHDMIケーブルで接続すると障害物が無い環境で最大約30m、ワイヤレスで映像を伝送できます。

REGZAのBDレコーダーとハイセンスの液晶テレビで試したところ、遅延なく安定して共有できました。なお、扉などのパーティションがある場合は、約5~10mの伝送距離になります。

ワイヤレスHDMI分配器の受信機は、テレビにHDMIで接続。付属のIR受信機をつなげると、レコーダーのリモコンが使えます。送信機は、BDレコーダーとHDMI接続。こちらも付属のIR送信機をつなげます。「Please check the TX input signal」と表示されれば接続成功です。

ワイヤレスHDMI分配器の帯域を変更

ワイヤレスHDMI分配器の送受信がうまくいかない場合、受信機前面のボタンを押すと周波数帯域を変更でき、それで解消される場合もあります。帯域の初期設定は5.22GHzです。

これでBDレコーダーの録画番組をワイヤレスでテレビに映せます。この方法で共有すれば、録画番組のコピー回数を消費しなくて済むでしょう。なお、同じREGZAでも全録レコーダーは不安定でした。

ワイヤレス分配器のスペックは、解像度が最大1920×1080ドット、伝送距離が最大30mです。周波数帯域は5.18/5.22/5.23/5.24GHz、付属品はIR送信機・受信機となっています。サイズ/重さは80W×15.3H×38.5Dmm/38g(送信機)、79.5W×20.5H×95Dmm/220g(受信機)で、実勢価格は52,580円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事