ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

古いノートパソコンをAndroid化して再活用する

Androidはスマホやタブレット向けのOSですが、パソコン向けに移植された「Android x86」というOSも存在します。モバイル用のOSがベースのため、低スペックでも動作するのが特徴。最新OSを動かすにはスペックが足りない古いノートパソコンが手元にあれば、Androidマシンとして復活させることも可能です。


古いノートパソコンをAndroid化して再活用する

古いノートパソコンにインストール

低スペックの古いノートパソコンをAndroid化して復活させれば、GooglePlayのストアアプリも動作します。ただし、スペック次第ではゲームなどの起動は難しい場合もあるので要注意です。

まずはAndroid x86を古いノートパソコンにインストールする作業です。Android-x86のホームページから「Android x86」を入手したら、DVD-Rに書き込みインストールディスクを作成します。

そして、インストールディスクからノートPCを起ち上げ、起動画面から「Advanced options」を選択。「Advanced options」の画面で「Auto_Installation」を選べば、OSのインストールのスタートです。

古いノートパソコンでアプリが使える

「Auto Installer」という確認画面が表示されるので、「Yes」を選んで次に進みます。インストール完了後、ブートローダーが表示されるので、1番上の項目を選択。ノートパソコンの画面に「android」というロゴが表示されれば、Android x86の導入は成功です。

Androidの初期設定をすれば、古いノートパソコンでもアプリが使えるようになります。初回起動時は、初期設定画面が表示される仕様です。言語は「日本語」を選んで進めましょう。

一通りの設定が終わるとホーム画面が開きます。これで通常のAndroidが利用できるようになるのです。スマホ用Androidと同様に、各種アプリが使用可能。低スペックでもサクサク動作するのがうれしいところです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事