ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

年会費がリーズナブルなお得プラチナカード3選

どうせクレジットカードを持つなら、少しは見栄を張りたいもの。とはいえ「プラチナホルダーなんて夢のまた夢」と思っている人も多いはず。しかし、時代は変わりました。近年は年会費を抑えたプラチナカードがたくさん登場しています。年会費がリーズナブルでお得なプラチナカードを紹介しましょう。


年会費がリーズナブルなお得プラチナカード3選

プラチナカード年会費を特典でペイ

プラチナカードの年会費は2万円前後と決して安くありませんが、特典を駆使することでペイできるケースもあります。付帯特典の乏しいゴールドカードを持つよりお得でしょう。

「JCBプラチナ」は年会費を27,500円に抑えながら、コンシェルジュ、グルメベネフィット(対象レストランで所定コースメニューを2名以上で予約すると1名分無料)、ホテル・旅館特典など、プラチナカードのサービスを網羅しています。

空港ラウンジには世界の空港で利用できる「プライオリティ・パス」を発行。最大1億円の旅行傷害保険など、非常に付加価値の高いサービスを提供しており、メインカードにピッタリです。

プラチナカードながら年会費3,300円

プラチナカードながら年会費3,300円という、驚異的なコスパを誇るのが「TRUST CLUB プラチナマスターカード」。全国200店の有名レストランで2名以上が利用すると1名分が無料になる「ダイニングby 招待日和」を含む、特別優待プログラムの「Mastercard TASTE of Premium」が利用可能です。

このほか、国際線手荷物優待サービスや国内高級ホテル・旅館予約サービスなど、プラチナカードの名に恥じない特典が多数用意されています。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード」の年会費は通常22,000円ですが、年200万円以上の利用で次年度の年会費が11,000円になります。カードでの買い物が多い人にオススメです。

JALマイルと永久不滅ポイントが同時に貯まる「SAISON MILE CLUB」といったユニークなサービスに加え、宿泊予約やゴルフ予約など基本的な特典も付帯します。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事