ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

年会費わずか3300円のプラチナカードの特典は?

「プラチナカード」といえば、年会費が数万円以上かかる一方で、高級レストランの割引や空港ラウンジサービスなどさまざまな特典を受けられる点が魅力です。そうしたなか、わずか3300円という年会費で持てるプラチナカードが存在。この年会費激安のプラチナカードは、その名に値するラグジュアリーなサービスが受けられるのでしょうか。


年会費わずか3300円のプラチナカードの特典は?

プラチナカードで破格の年会費3300円

年会費3300円と破格なプラチナカードとは、三井住友トラストクラブが発行する「TRUST CLUBプラチナマスターカード(プラチナマスターカード)」です。プラチナマスターカードに付属する国際ブランドはMasterCardとなり、5段階あるMasterCardのステータスのうち、上から3段目の「プラチナ」に相当するカードです。

プラチナマスターカードは、プラチナカードには珍しく入会条件の年齢・年収が公開されている点も特徴です。入会条件は年齢25歳以上、年収450万円以上となっており、プラチナカードとしては入会へのハードルが低いカードといえます。

MasterCardでは、ゴールドカード以上の保有者に対し「Taste of Premium」というサービスを用意しています。しかし、Taste of Premiumはカード発行会社やブランドにより内容が違い、プラチナカード並みのサービスを受けられるゴールドカード、あるいはその逆の例もあるのです。

プラチナカードの年会費の元が取れる

それでは、プラチナマスターカードで受けられるTaste of Premiumの内容はどのよなものなのでしょう。まずプラチナマスターカードでは、有名レストランを2人以上で利用すると1人分が無料となる、Taste of Premiumの人気サービス「ダイニング by 招待日和」に対応しています。

一方、プラチナカードの多くで利用できる国際線空港ラウンジの無料サービスや国際線利用時の荷物無料サービスは付属しません。空港ラウンジに関しては、無料利用は国内線に限られることを考えると、プラチナマスターカードはゴールドカード同等のサービスといえるでしょう。

また、プラチナマスターカードはプラチナカードとしては利用限度額が低いのも特徴で、最大100万円となっています。プラチナカードを所有する人であれば、カード利用金額が月100万円を超えることも珍しくありませんが、そうした使い方にはプラチナマスターカードは不向きといえます。

とはいえ、プラチナマスターカードは年会費が3300円と安いことから、プラチナカードを1枚持ってみたいという人には便利なカードといえます。とくに、「ダイニング by 招待日和」は1回の利用で1万円以上割安になることも珍しくなく、それだけで年会費の元が取れるという意味でもお得なカードです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事