ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高額請求に備えて「自転車保険」を選ぶポイント

自転車といえども、道交法上は「車両」。法律や規制は自転車にも適用されるため、甘く見ると痛い目に遭うこともあります。このため、万が一に備えて加入しておきたいのが「自転車保険」です。自転車保険を選ぶ際に重要なポイントは「傷害補償」と「賠償責任補償」の手厚さでしょう。


高額請求に備えて「自転車保険」を選ぶポイント

自転車保険は補償の範囲もポイント

自転車保険の「傷害補償」は、自分自身や家族のケガに対する保険。通院や手術などでかかった費用に対する補償になります。一方、相手にケガを負わせてしまった際の保険が「賠償責任補償」。過去の自転車事故のケースからみると、限度額が1億円以上あれば安心でしょう。

加えて、自転車保険は補償の範囲も大切なポイント。保険によっては「個人」かもしくは、「家族全員」かを選べます。

なお、自転車保険に加入する際は、まずは今入っている保険をチェックしておきましょう。というのも、自動車保険や火災保険によっては、自転車事故に対応する補償が付帯されているものもあるからです。必要な補償がカバーされているのであれば、わざわざ自転車保険に新たに加入する必要はありません。

賠償責任補償が手厚い自転車保険

ドコモの「サイクル保険」は賠償責任補償の上限が5億円という手厚い内容が特徴。万が一の時も安心です。3人以上なら家族プランがオススメ。月額保険料は家族プランが940円、夫婦プランが650円、個人プランが460円です。

au損保の「Bycle S」は被保険者の年齢が70~89歳に限定されているシニア向けの自転車保険。自転車での事故はもちろん、日常生活のケガにも対応しています。月額保険料は710円で、賠償責任補償は2億円です。

東京海上日動の「eサイクル保険」は補償対象が異なる複数のプランを用意。個人賠償責任が付いていない個人プランは月額190円から加入できます。月額保険料は450円、340円、190円(本人型 A~Cプラン)夫婦型、家族型もあります。賠償責任補償は1億円です。

■「交通違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事