ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「HDMI裏レコーダー」最新モデルの裏コマンド

BDレコーダーに録画した番組は、コピー回数に制限があるのはご存じの通りです。そのコピー回数を消費せずにバックアップするため、テレビマニアが秘かに活用しているのが、HDMIの入出力を備えた「HDMI裏レコーダー」。HDMI裏レコーダーは、裏コマンドで業務用モードに切り替わることが最大の特徴です。


「HDMI裏レコーダー」最新モデルの裏コマンド

HDMI裏レコーダーをHDMIケーブル接続

家庭用BDレコーダーにはHDMI出力端子はあっても、HDMI入力端子はありません。仮に入力端子があって、HDMIを映像/音声ソースとして活用しようとしても「HDCP」などの強力なプロテクトが施されています。

HDCPとは、コンテンツが不正にコピーされるのを防止する著作権保護技術の1つ。映像再生機器からディスプレイなどにデジタル信号を送受信する経路を暗号化しています。

具体的には、BDレコーダーに録画した地デジやBS/CS放送の番組のコピー回数を制限。無料放送は「ダビング10(コピー9回、ムーブ1回)」、有料放送は「コピーワンス」。規定回数ダビングすると元のHDDから消えてしまいます。

ここで「HDMI裏レコーダー」を、BDレコーダーとテレビの間にHDMIケーブルで挟み込むと、外付けHDDやUSBメモリなど外部メディアにコピー回数を消費せずに動画ファイルとして保存できるのです。

HDMI裏レコーダーの裏コマンドとは

「CAT PRO HDシリーズ」は日本におけるHDMI裏レコーダーの元祖ともいえる存在。その最新モデルが「CAT PRO HD 4K」です。本機もHDMI裏レコーダー最大の特徴ともいえる裏コマンドで業務用モードになります。著作権保護の「HDCP」を回避できてしまうようです。

CAT PRO HD 4Kの裏コマンドは、電源を入れた状態でH.265/H.264ボタンを長押し。これで業務用モードに切り替わります。

CAT PRO HD 4Kの映像入力端子はHDMI×1、映像出力端子はHDMI×1、録画解像度は最大3840×2160ドットです。インターフェースはUSB×1、LINE音声入出力×1、マイク×1で、サイズ/重さは115W×25H×115Dmm/250g。実勢価格は39,800円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事