ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

中学生でも作れるデビットカードは存在するか?

ショッピングで使うと、その場で代金が銀行口座から引き落とされる「デビットカード」は、使いすぎの心配が少ないことに加え、高校生でも安心して利用できることをウリにする銀行も少なくありません。しかし「高校生は作れても中学生はダメ」というカードがほとんど。はたして、中学生でも作れるデビットカードはあるのでしょうか?


中学生でも作れるデビットカードは存在するか?

年齢制限なしデビットカードの弱点

「デビットカード」は、利用した金額が即時に銀行などの金融機関の口座から引き落とされるカードです。その仕組みから、預金残高以上に利用することができないため、使いすぎで困るといったトラブルが起きにくいほか、事情があってクレジットカードが作成できない人でも金融機関の口座があれば利用可能です。

デビットカードには大きくわけて2種類あり、ひとつが金融機関のキャッシュカードをそのまま利用する「J-Debit」です。J-Debitは、金融機関の口座とキャッシュカードがあれば、特別な申し込み手続きは不要で、ショッピング時に必要な暗証番号もキャッシュカードと同じものを使用します。

そして、J-Debitは年齢制限がない点も大きな特徴で、小中学生でも利用できます。ただし、J-Debitには利用できる店舗の種類が少ないという弱点もあり、大手スーパーやコンビニ・キオスクでは利用不可能。文房具や日用品を買うことが多い小中学生にとって、J-Debitは活用しにくいカードといえるでしょう。

J-Debitとは別に、「ブランドデビットカード」と呼ばれるデビットカードもあり、多くの銀行がVisa・MasterCard・JCBといった国際カードブランドと提携して発行しています。ブランドデビットカードは、カード加盟店であればガソリンスタンドなど一部を除き利用可能なため、J-Debitより使い勝手はよくなります。

ブランドデビットカードは15歳以上

クレジットカードと違い、銀行口座残高が事実上の保証金になるため、ブランドデビットカードには発行時の審査はありません。一方で、発行にあたって年齢制限があり、ほとんどのブランドデビットカードは15歳未満または中学生以下は利用不可能とされています。

そうしたなか、中学生でも作れるブランドデビットカードとして注目されていたのが、ゆうちょ銀行の「mijica」でした。ところが、2020年8月にmijicaの不正送金やシステムへの不正アクセスが発覚。2021年1月時点でmijicaの新規発行は停止中で、2022年春にはサービスを廃止することも発表されています。

2021年1月25日現在、中学1年生や2年生で発行できるブランドデビットカードはありません。しかし、中学3年生で15歳以上になれば発行できるカードは存在。ジャパンネット銀行、GMOあおぞらネット銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行といったネット専業の銀行では15歳以上という年齢制限のみとなっています。

さらに、実店舗を展開する銀行でも、りそな銀行・埼玉りそな銀行・あおぞら銀行・八十二銀行・北國銀行・関西みらい銀行・阿波銀行・四国銀行が、15歳以上であれば中学生もブランドデビットカードを発行可能。いずれの銀行も東京都内に本店または支店を持つほか、ネット経由での口座開設に対応しています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事