ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

1万円で買える中華アクションカムは使えるか?

GoProコピーに端を発した「中華アクションカム」も、本家GoProが安定した性能強化と抜群の画質で他を引き離す中、低価格を武器にEIS(電子手ブレ補正)の強化に価値を見出して、今もしぶとく生きながらえています。性能で見ると4万~6万円台のGoPro、2万円台の高級中華アクションカム、1万円前後のエントリーモデルといった棲み分けです。


1万円で買える中華アクションカムは使えるか?

1万円前後の中華アクションカム性能

「中華アクションカム」の価格帯別の棲み分けでは、5千円台は魑魅魍魎の世界です。5千円前後のアクションカムは一部を除いて当たりナシ。1万円前後で、なんとか見どころがある製品が見受けられる状況です。

そこで、今回は1万円クラスがどこまでGoProの最新モデル「HERO 9 Black」に迫れているのか、買って本当に使えるのかを検証します。この価格帯で手ブレ補正に強いと評判の2機種「MUSON MAX1進化版」「AKASOV50X」をセレクトしました。

「MUSON MAX1進化版」は、2.5mm接続の外部マイクまで付いて実勢価格が約1万円。ただ、外部マイク使用時に内蔵マイクをオフにできない謎仕様。「進化版」と無印を同価格で併売していますが、差異についてはメーカーからの回答がなく不明です。低評価レビューの抹消が目的かもしれません。

「AKASO V50X」は、給電転送ポートと共通のUSB接続外部マイクは別売り(約2千円)。内蔵/外部ともにマイクの集音性能、音声能力が低いのが難点です。映像素材はともかく、音声素材としての使用はまず無理と考えてください。実勢価格は約8千円です。

中華アクションカムにサクラレビュー

まずは明るい日中に手ブレ補正アリの撮影です。MAX1・V50Xともに手ブレ補正の滑らかさは良好。しかし、画質がとにかく落ちます。MAX1では手ブレ補正アリの場合、1080p/30fps以上では画質が破綻。なお、GoPro9の画角の広さと精細さは別格でした。

続いて、夜間の市街を手ブレ補正アリで撮影。夜間は昼間よりも性能の差が出やすく、GoPro9以外は壊滅状態でした。アクションカム自体の暗所性能はどれも低いなか、格安中華アクションカムは突出して残念な仕上がり。手ブレ補正をオフにして極力静止状態にすれば何とかというレベルです。さもないとまともな映像になりません。

結論としては、4K(2.7K)手ブレ補正ナシ以外のモードの画質は、かなりキビシイという結果。1080p/60fpsすら期待できません。1080p/60fpsの手ブレ補正アリでマトモな画質を求めるなら、最低2万円クラスが必要になるでしょう。

中華アクションカムは、AmazonやYouTubeにサクラレビューが蔓延しているので、くれぐれも冷静な判断をしなければならないでしょう。迷ったらGoPro9にしておけば間違いありません。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事