ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

dカードでドコモ料金を支払うとなぜ損なのか?

ドコモが発行するクレジットカード「dカード」は、基本のポイント還元率が1%と高く、ドコモ以外の利用でもポイントが貯まるため、ドコモユーザー以外が使ってもお得なカードです。ところが、dカードにはポイント還元対象外となる利用先があり、そのひとつがなんとNTTドコモの各種料金を支払うケースなのです。


dカードでドコモ料金を支払うとなぜ損なのか?

dカードはドコモ料金の二重取り防止

NTTドコモが発行するクレジットカード「dカード」は、所有することで同社のポイントプログラム「dポイントクラブ」会員となり、カード利用料金で基本100円につきdポイント1ポイントの還元が受けられます。貯まったdポイントは、1ポイント=1円として、dポイントクラブ加盟店やドコモ料金の支払いに利用できます。

また、dポイントクラブ会員特典として、スマホや光回線「ドコモ光」、dマーケットなどドコモが行うサービスの料金についても、100円(税抜)につきdポイントが1ポイント貯まる仕組みです。さらに、dカードGOLD会員については一部サービスについて10%へポイントアップする特典も用意されています。

ところが、dカードをドコモ関連の支払いに利用した場合、その分については基本100円につき1ポイントの対象外。これは、dポイントクラブのドコモ利用ポイントは、支払い方法に無関係に貯まる仕組みのため、dカード利用でのポイント二重取りを防ぐための措置です。

dカード以外のカード利用でポイント

一方、dカード以外の他社発行カードの多くは、ドコモ利用分の支払いでもポイントが貯まります。例えば、dカードを発行したうえで三井住友カードでドコモ利用分を支払えば、ドコモ利用分のdポイント還元に加え、三井住友カードのポイントプログラム「Vポイント」の還元の両方が受けられるのです。

ただし、dカードへの新規入会時に限り、毎月のドコモ料金の支払いをdカードへ変更するとdポイントが1000ポイント貯まるキャンペーンを実施中。他社カードのドコモ料金支払いで1000円分のポイントを貯めるには、1%還元でも10万円分の利用が必要なので、新規入会時に限ればdカード支払いへ切り替えた方がお得です。

なお、ドコモサービスの支払いに関してはdポイント対象外ですが、ドコモショップでのスマホや純正アクセサリーの購入では、一括払いに限りdポイントが貯まります。このため、スマホを分割払いにしてしまうと、毎月の分割払い分はdポイントの対象外となるため要注意です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事