ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

dカードゴールド「還元率10%」の落とし穴とは

NTTドコモが発行するクレジットカード「dカード」には、年会費が1万1000円かかるもののドコモ利用分に10%ポイント還元がある「dカードゴールド」があります。ところが、ドコモ利用分すべてが還元率10%になるわけではなく、よほどのドコモヘビーユーザーでないと、年会費分以上のおトク度を発揮させるのが難しいのでした。


dカードゴールド「還元率10%」の落とし穴とは

dカードゴールド還元率は通常の10倍

dカードゴールドは、NTTドコモが発行するクレジットカードのなかでもゴールドカードの位置づけとなるもの。ゴールドカードらしく年会費が1万1000円かかる一方で、国内空港のラウンジ利用や最大5000万円までの国内旅行傷害保険といった付帯サービスも用意されています。

そして、dカードゴールドの最大のセールスポイントが、NTTドコモ利用分について、同社のポイントプログラム「dポイント」で10%のポイント還元が受けられること。年会費無料の「dカード」、またはdポイントクラブ会員の場合は1%還元なので、還元率が10倍にアップする形です。

年会費1万1000円で還元率10%であれば、NTTドコモに年間11万円以上支払っていれば元がとれると考えがち。ところが、dカードゴールドの還元率10%はすべてのドコモ利用分が対象ではなく、年11万円の利用では元をとることができないのです。

まず、NTTドコモへ支払う携帯電話料金のうち、dカードGOLDで還元率10%対象となるのは利用登録した電話番号です。つまり、NTTドコモの回線を複数契約していたとしても1回線分のみが還元率10%で、2回線目以降は還元率1%です。また、購入したスマホの分割払い分については、dポイント還元の対象にすらなりません。

dカードゴールド還元率10%の対象

さらに、NTTドコモ利用分のポイント還元は税抜価格で計算される上、毎月1000円単位以下は切り捨て。つまり、毎月のドコモ利用分が税込1万1000円を超えないと、dカードゴールドの年会費1年分の元を取ることができないのです。

携帯電話料金の値下げが進んだ結果、現在はスマホ1回線のみの利用料金で毎月1万1000円を超えることは、最適な料金プランを選ぶ限りはほぼ不可能。このため、dカードゴールドの年会費1万1000円の元を取るためには最低限、NTTドコモ光回線と組み合わせる必要があります。

例えば、5Gスマホのパケット無制限サービス「ギガホ5Gプレミア」を契約。電話のかけ放題オプションとドコモ光のマンションタイプA契約に光電話・光テレビオプションを追加すると、月額利用料金が税込1万3673円となり、dカードゴールドなら毎月1200ポイントの還元を受けられます。

さらに、DAZN for docomoやdマガジン、ひかりTV for docomoといったNTTドコモ提供のコンテンツサービスについてもdカードゴールドの還元率10%対象(個別コンテンツ課金は対象外)。スポーツ・映画鑑賞から雑誌まですべて「ドコモ漬け」な生活を送って、ようやくdカードゴールドの還元率10%を生かすことができるのです。

■「クレジットカード」おすすめ記事
「au PAYゴールドカード」年会費の元を取る方法
エポスゴールドカードの招待を断ると大損な理由
ダミーのクレジットカード番号が入手できる!
今すぐ「イオンSuicaカード」を見直すべき理由
年会費無料のイオンゴールドカード入会条件は?

■「Suica」おすすめ記事
Suicaは何のカードでチャージするのが一番お得?
Suica付きビューカードで一番お得なのはどれ?
東日本以外でもビックカメラSuicaカード最強説
Suicaで新幹線に乗る方法はどれが一番おトク?
デビットカードでモバイルSuicaチャージの裏技

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事