ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

WordやExcelがタダ「無料Officeソフト」の現在

「Microsoft Office」といえば、ビジネス用ソフトのド定番。Word、Excel、PowerPoint、Outlookが1つにパッケージされた「Home&Business」が売れ筋ですが、価格は4万円弱と「たまに使う」程度のユーザーにとっては手の出しづらい金額でしょう。そこで、これら4つのソフトと同等の機能が使える「無料Officeソフト」をピックアップしました。


WordやExcelがタダ「無料Officeソフト」の現在

無料Officeソフトは互換性バッチリ

数ある無料Officeソフトの中で、最も人気なのが「LibreOffice」。初期設定では古いOfficeの「クラシックUI」風なデザインですが、「モダンUI」風に変更することで最新の純正Officeに近い感覚で使えるようになります。もちろん純正Officeのファイルも開けて、互換性もバッチリです。

含まれるソフトはWriter(ワープロソフト)、Calc(表計算ソフト)、Impress(プレゼンソフト)、Draw(図形描画ソフト)、Math(数式ソフト)、Base(データベースソフト)。ワープロ、表計算、プレゼンなど一通りのOfficeソフトを網羅しています。Office Home&Businessの代替としては十分でしょう。

Microsoft OfficeのUIを再現するには、メニューバーの「表示」→「ユーザーインターフェース」を選択。UIの種類を「タブ」にすると、表示が「モダンUI」風に変化し、Microsoft Officeに近い感覚で利用できます。

表計算ソフトで最も気になるのが、関数の互換性。Excelで使用頻度の高いものは、Calcでも網羅されています。実際、Excelで作成したファイルを開いたところ、ほとんど崩れることなくそのまま表示できました。

近年注目されている無料Officeソフト

そして、LibreOfficeのベースになった、元祖無料Officeソフトが「Apache OpenOffice」です。UIが古く、最近のMicrosoft Officeに慣れた人には違和感があるかもしれませんが、その分動作は軽快です。

Microsoft Officeとの互換性はややLibreOfficeに劣りますが、スペックの低いPCで使うなら負荷の少ないこちらが正解でしょう。

Microsoft OfficeとソックリなUI として、近年注目されている無料Officeソフトが「OfficeSuite」です。独自のクラウドストレージも提供されており、ここにファイルを保存すれば、OneDrive感覚でファイルを共有できます。

スマホアプリも用意されているので、外出先でのファイルの確認も可能です。ただし、無料版は機能制限があるため、本格的に使用するなら有料ライセンス(年額3,480円~)を検討しましょう。(文/中谷 仁)

■「無料ソフト」おすすめ記事
無料のセキュリティソフトならAviraがオススメ

■「Windows10」おすすめ記事
動画を合法で保存できるWindows10の「神」機能
Windows10のログイン画面をスキップする方法
最新Windows10は市販セキュリティソフト不要
Windows10の電卓に「履歴」があるの知ってた?
Windows10視覚効果を削って高速化する便利機能
Windows10デスクトップに便利なアイコンを追加
動画キャプチャはWindows10標準機能が便利
「Zoom」をホストに内緒でこっそり録画する方法
Windows10標準機能「クリップボード履歴」使い方
Windows10の隠しコマンド「神モード」とは?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事