ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

電動アシスト自転車のリミッター解除方法とは?

日本でいう電動自転車は、正式には「駆動補助機付自転車」、いわゆる電動アシスト自転車と呼ばれるものです。あくまで“アシスト”機能付きであり、漕がなくてもいいフル電動自転車ではありません。しかし、電動アシスト自転車の速度制限を突破するリミッターカットも横行…。電動アシスト自転車のリミッター解除を見ていきます。


電動アシスト自転車のリミッター解除方法とは?


電動アシスト自転車のリミッターとは

いわゆる電動アシスト自転車は現在、ペダルを漕ぐ力の2倍のパワーでのアシストまでが認可されている状況です(最大1:2)。2008年までアシスト力は1倍までだったのですが、法改正により2倍までが認めらています。

このアシスト機能、走行中ずっとアシストしてくれるのかというと、そうではありません。現行法に則ったモデルは、時速24kmまでとなっています。アシスト比率は10km/h未満で2なのですが、10km/h以上でスピードが上がるほどアシスト比率が減少していき、24km/hではアシストが0になります。

さて、この制限は安全性のために設けられた基準であるにもかかわらず、もっとパワフルに乗り回したいという需要はあるようで、アシスト制限をごまかす手法は昔から研究されていました。


電動アシスト自転車のリミッター解除

これが電動アシスト自転車の通称「リミッターカット」と呼ばれる改造です。リミッターを解除するための専用パーツは機種によってさまざまですが、当然、自転車専門店などで売られているわけではありません。基本的にフリマ・オークションサイトでの入手になります。

日本の電動アシスト自転車は24km/hまでのアシストとなっていますが、海外では規則がユルく、アメリカでは最大35km/hまで許可されています。そのため、日本国内で正規販売されている海外メーカーの車両は、日本の法律に従って機能をわざと抑えられているのです。

そして、そのリミッターを解除して、オリジナルの35km/hまでアシスト付きで走行できるように改造する無法者も一部にはいるといいます。海外製自転車のリミッターを解除するパーツは数が多くないものの、メルカリでも取り引きされています。

■「電動自転車リミッター解除」おすすめ記事
電動アシスト自転車リミッター解除の意外な盲点
電動自転車リミッターカットでパナソニックのやり方

■「自転車」おすすめ記事
自転車の鍵の壊し方はマイナスドライバー?ハンマー?
自転車のスピード違反は法定最高速度がないから存在しない?
ダイソーの100均自転車ライトを指サックで防水改造
メルカリ自転車で譲渡証明書のない防犯登録のやり方
自転車の防犯登録を持ち主不明の中古でする裏ワザ
自転車の鍵の切断はボルトカッターで簡単に切ることが可能
自転車にいきなり赤切符?警視庁が重点地区公開
職質で自転車の防犯登録確認を警察官がする理由

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。