ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

100均電池比較はセリアがスタミナ1位で2位はキャンドゥ

リモコンや電動歯ブラシ、時計などさまざまな機器に使われている単三電池。単三電池は消耗品だけになるべくよい性能のものを100均などでなるべく安く買いたいものです。そこで、100均ショップで売られている単三電池の性能を徹底比較。100均電池比較はセリアがスタミナ1位で2位はキャンドゥでした。


単三電池を100均で買うならセリアがスタミナNo.1


100均電池比較1位はセリアALKALINE PAIRDEER

今回、比較した100均ショップの単三電池はアルカリ電池。100均電池比較は約1A放電の測定方法で1分間隔で電圧を測定しました。100均電池比較は誤差を考慮し、同時期に購入した10本の電池の平均値を元にしています。

比較した100均電池は、ダイソーの「DAISO&S」「Super Power」「DAISO&HZ」、キャンドゥの「Can Doアルカリ乾電池」、セリアの「ALKALINE PAIRDEER」、ワッツの「WATTSアルカリ乾電池」です。100均電池比較で取り上げたワッツは、シルクやmeetsを展開しています。

そして、100均電池比較のベスト3の1位はセリアの単三電池「ALKALINE PAIRDEER」、2位がキャンドゥの「Can Doアルカリ乾電池」、3位がダイソーの「DAISO&S」でした。それぞれの100均単三電池比較でわかった特徴を見ていきましょう。


100均電池比較はセリアの初期ドロップに注意

100均電池比較1位のセリアの単三電池「ALKALINE PAIRDEER」は、推定容量は1,459mAh、0.8Vを切る時間も90分超えと申し分のない性能でスタミナNo.1です。ただし、100均電池比較ではセリアの単三電池は初期ドロップが比較的キツめなのでストロボなど高電圧の維持が必要な機器にはツラいかもしれません。

100均電池比較でダイソーの「DAISO&S」は、100円ショップの単三電池の中ではバラつきが少ないのが特徴。ただし、100均電池比較では、ダイソーの単三電池も初期ドロップが大きい点は注意しておきたいところ。100均電池比較の結果を見ると、ダイソーの単三電池も大電流が必要な機器では使い勝手がイマイチかもしれません。

100均電池比較2位のキャンドゥの単三電池「Can Doアルカリ乾電池」は、返品交換保証1年と長いのが特徴。100均電池比較ではわかりませんが、アルカリ乾電池で問題となるのが液漏れ。キャンドゥは他の100均PB電池と比較して安心して使えます。


100均充電池とメーカー品を長期間比較

このほか、100均の単3充電池を長期間使い続けて、メーカー製とどれだけ性能が違うのか試した結果も紹介しましょう。長期使用したのは、ダイソーとセリアの100均単3充電池です。この100均充電池と、パナソニックの「eneloop」「EVOLTA」と東芝の「IMPULSE」を比較してみました。100均充電池の容量は1,300mAhのみですが、パナソニックと東芝の充電池は950~2,500mAhまで各3種類ずつの容量タイプで展開しています。

100均含めて単3充電池の特徴として、容量が大きいほど充電可能回数は少なくなります。100均含めた単3充電池で1,000mhA程度の小容量タイプは約5,000回、1,900mhA程度の標準容量タイプは約2,100回、大容量タイプは約500回です。

これは、100均含めた単3充電池では容量が大きいタイプは充電回数に比例して内部抵抗の上昇値が早く上がり、充電回数が少なくなるため。ちなみに、ダイソーの100均充電池「ReVOLTES」とセリアの「VOLCANO-VZ」には、充電可能回数は明記されていませんでした。

100均充電池の性能をとメーカー品で比較してみた


100均充電池の充電回数は意外に短かった

そして、100均充電池を使い続けたところ、充電回数200回あたりから満充電にならない現象が発生。消費電流が大きい機器で100均充電池はすぐ出力低下を起こすようになりました。そして、100均充電池は240~255回の範囲で充電器の充電不能ランプが点滅するようになったのです。

100均充電池と比べて、東芝IMPULSE(1,900mAh)の場合は330~350回で満充電状態にならず、410回~440回で充電不能ランプが点滅。やはりメーカー品の充電池の方が100均充電池より長持ちします。とはいえ、公称充電回数は約2,100回なので、実際には意外と短いものです。

また、100均充電池は、メーカー品と比べて自己放電が高いという傾向も見られました。100均充電池は充電完了日から1か月以上経過しての使用は、再充電が必要になります。100均充電池は充電回数が少なく、自己放電も高いとマイナス面が目立ちますが、そうはいっても1本100円という価格は魅力的。満充電200回が限界と割り切れば100均充電池は十分に優秀でしょう。

■「単三電池」おすすめ記事
バッテリー寿命で100均の単三電池を選ぶ!
単三電池を1円玉とコピー用紙で単一電池にする
単三電池1本でヘッドライト並みのLEDライト
乾電池をホムセンで買うならカインズかコーナン
乾電池を選ぶなら安定度で「金パナ」を選ぶべし
アルカリ電池を充電する究極のエコテクニック
マンガン電池なら100円ローソンがオススメ!
ニッケル水素電池は安定度ならエネループ!
9V電池が何回も使える006P型充電池がオススメ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • 金パナとミニストップのコンビニ電池がそっくり?
    金パナとミニストップのコンビニ電池がそっくり?
  • スマホ証券を比較するときのポイントはどこだ?
    スマホ証券を比較するときのポイントはどこだ?
  • コンビニ電池比較でワースト2位となったのは?
    コンビニ電池比較でワースト1位となったのは?
  • コンビニ電池を価格重視で選ぶならローソン100
    コンビニ電池を価格重視で選ぶならローソン100

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次