ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

公道カートで都内を走ってわかった危険ポイント

実際にマリカーで公道に出て、3時間ほど走行してカートの危険度を調査をしました。外国人観光客から注目を集め、外気に当たりつつマリオカートさながらのドライブ体験は確かに楽しいもの。しかし、トラックやバスが横を通る度にヒヤリとしました。公道カートの危険ポイントをチェックしましょう。


スポンサーリンク
公道カートで都内を走ってわかった危険ポイント

公道カートは前方が全く見えない

公道カートで走行したコースは秋葉原をスタートし、皇居を横目に内堀通りを進んで東京タワーへ。レインボーブリッジを通ってお台場方面を抜け、再び秋葉原へ戻るという定番の観光スポットを巡るコースです。

公道カートの危険ポイント1つ目は、視界が低過ぎて前方が全く見えないこと。座席高が24cmしかないため、普通乗用車が前方に停車しただけで視界が遮られます。交差点では普通乗用車が前方にいるだけで、全く対向車線が見えません。

大型トラックになるとタイヤが顔の高さに及ぶほど。中型トラックでも、車体に潜り込んでしまいそうなほど車高に差があります。2台の大型車両が前方にいると、視界が完全に遮られました。信号が全然見えない状態です。また車高が低い分、体感速度が大幅にアップ。スリルは味わえますが、その分恐怖感もアップします。

公道カートには危険物がいっぱい

公道カートの危険ポイント2つ目は、運転中の巻き込み・割り込みです。スピードが出ない坂道では、後続車がすぐ横を通って追い抜いていきます。中には、わざとらしく割り込むドライバーもいました。体は無防備なため、ひと度事故が起きたら大ケガは必至。時速60kmで他のクルマに衝突したら命に関わるでしょう。

公道カートの危険ポイント3つ目は、危険物がいっぱいあることです。カートは体が露出しているために、排気ガスや騒音などをまともに受けます。また、ちょっとした道路の未整備やマンホールの段差でハンドルを取られてしまいました。悪天候の日だと、危険度は大幅にアップするでしょう。要注意です。

実際、レインボーブリッジを吹き抜ける横風で、ハンドルが取られた時はかなりの恐怖でした。信号で停車中は、前方のバイクからモロにマフラーの排ガスと騒音を浴びた状態。観光バスからの排ガスもまともに受けました。公道カートにマスクは必須アイテムでしょう。

■「公道カート」おすすめ記事
走ってわかった公道カート「マリカー」の危険度

■「カーライフ」おすすめ記事
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
高速のパトカー追尾式取締りは分駐所付近に注意
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCを利用して高速が乗り放題になる方法がある
インターチェンジを通り過ぎてもタダで戻る方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事