ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

あおり運転対策に前後2カメラのドラレコを選ぶ

社会問題となっているあおり運転対策に、愛車へのドラレコ搭載を検討している人も多いでしょう。ドラレコをあおり運転対策に導入するなら、前後にカメラを設置する2カメラモデルがトレンドになっています。そんな前後2カメラモデルのドラレコの中でも人気を集めている商品を紹介しましょう。


スポンサーリンク
あおり運転対策に前後2カメラのドラレコを選ぶ

前後2カメラのドラレコがトレンド

ドライブレコーダーの新トレンドといえば前後2カメラモデル。リアカメラで後ろにつくクルマと、そのドライバーの様子を逃さずに記録できます。そのトレンドを牽引しているモデルが、コムテックの「ZDR-015」です。

リアカメラはコンパクトサイズでありながら、フロントカメラと同じ200万画素・フルHD画質での撮影が可能。運転中も液晶画面で確認できます。輝度・上下反転・鏡像など、リアカメラを個別に調整可能。なお、リアカメラの接続は有線です。

運転支援機能が充実しているのもポイント。前方信号・先行車接近・車線逸脱などを警告してくれます。価格.comのドライブレコーダー売れ筋・注目ランキングのトップ5にランクインしている人気商品です。

前後2カメラのドラレコ映像を確認

実際に撮影したドライブレコーダー映像は、自然な色味で精細な印象。ナンバーは白飛びせずきちんと読み取れました。リアカメラはスモークウインドウ越しでもクリアに撮影できます。ドライブの心強い味方です。

夜間のドライブレコーダー映像を確認してみると信号の色が濃く、特に青が強く出ています。リアカメラは反転ナンバーがやや読み取りづらいものの、黒いクルマや服を着た人物像もしっかり記録できました。

解像度/フレームレートは最大1920×1080ドット/29.1fpsで、動画保存形式はAVI、記録メディアはmicroSDカード(最大32GB)、電源はシガーソケットです。

フロントカメラの画角は145度(水平115度、垂直58度)で、サイズ/重さは96.5W×62H×32.5Dmm/140g、一方のリアカメラの画角は140度(水平112度、垂直84度)で、サイズ/重さは55W×25H×28Dmm/33g。実勢価格は27,800円です。

■「ドラレコ」おすすめ記事
ドライブレコーダーおすすめは「DrivePro200」
6千円で買うミラー型ドライブレコーダーの実力
1万円以下で買える超小型のドライブレコーダー
1万円ちょいで買える高画質ドライブレコーダー
トランセンドDrivePro200は高画質ドラレコ
バイク専用の前後撮影ドラレコが1万円ちょっと

■「ドラレコアプリ」おすすめ記事
ドライブレコーダーはアプリ+広角レンズで代用
ドライブレコーダーアプリで不測の事態に備える
無料で使える地図連動ドライブレコーダーアプリ
ドライブレコーダーアプリに古いスマホを再利用

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事