ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホを「カーナビ・ドラレコ・レー探」にする

カーナビ・ドラレコ・レーダー探知機といった最新カーエレクトロニクスは、スマホアプリで代替可能。ここでは、レンタカーを運転する際にも役立つ、必携のドライブアプリを紹介しましょう。しかも、いずれもiPhone版とAndroid版が用意されていて、基本的には無料で使うことができます。


スポンサーリンク
スマホを「カーナビ・ドラレコ・レー探」にする

スマホがカーナビとレーダー探知機

市販のカーナビに匹敵する機能を備えるカーナビアプリの決定版が「Yahoo!カーナビ」です。マップや住所からのルート案内はもちろん、渋滞情報やガソリンスタンドなどの周辺情報、駐車場の料金表示なども行えます。

また、トンネルの中などオフラインの環境下でもクルマの追跡表示が可能なのも、うれしいところです。オービス情報にも対応するので、スマホがレーダー探知機の役目も果たしてくれます。

「Safety Sight」は、衝撃を検知すると、自動でその前後10秒間の映像を録画してくれるドラレコアプリ。録画映像は走行マップと合わせて確認できるため、万が一の時に貴重な証拠となるはず。緊急連絡先の表示や前方車両への接近アラート機能など、安全運転支援機能も豊富です。

オービスのほかネズミ捕りポイント

アプリに従って、カメラの方向と高さを調整しながらダッシュボードにスマホを設置。衝突や急ブレーキを感知すると、アプリが自動で前後10秒の映像を記録してくれます。録画を開始する衝撃パラメーターは、設定画面より調整可能です。

「オービスガイド」はオービスを600件以上、Nシステムを2,000件以上、取り締まりやネズミ捕りポイントを2,500件以上収録。ポイント通過前に警告アラートとアイコンで設置場所を知らせるので、スマホがレーダー探知機代わりになります。

また、オービスの設置場所を写真や動画で確認できるのもポイント。ドライブ前に予習しておくことが可能です。さらに、バックグラウンドでの動作にも対応しており、カーナビアプリなど他のアプリと併用できるのも魅力でしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事