ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

車上荒らしに遭いやすい車種に変化が起きている

日本損害保険協会の発表による2017年に車上荒らしに遭ったクルマを見てみると、2年連続1位となったのがトヨタの「プリウス」でした。ただし、2位以下のランキングを見てみると、これまで車上荒らしに遭いやすい車種に変化が起きているのです。いわゆる高級ミニバンと呼ばれる車種が大きく変動しました。


スポンサーリンク
車上荒らしに遭いやすい車種に変化が起きている

車上荒らしに遭いやすい車種に変化

車上荒らしとは、車内のカーナビやカバン、ゴルフバックなどを盗むこと。「車上ねらい」と呼ばれることもあります。2017年に起きた部品ねらいを含めた車上荒らしの発生件数は82,121件でした。2016年の88,377件からは減少傾向です。

車上荒らしに遭いやすい車種ランキングを詳しく見ていきましょう。2017年に車上荒らしに遭ったクルマの第1位はプリウス。盗難車のランキングでも4年連続1位のプリウスは、車上荒らしでもターゲットになりやすいようです。

そして、見逃せない変化が起きているのは2位以下です。車上荒らしに遭いやすい車種ランキング第2位はトヨタの「ヴェルファイア」、第3位が同じくトヨタの「アルファード」と続きます。

車上荒らしの被害品1位はカーナビ

じつは、2015年の車上荒らしワースト3は「クラウン・プリウス・ハイエース」で、2016年は「クラウン・ハイエース・プリウス」。順位こそ変動はあるものの、顔ぶれに大きな変化はありませんでした。

それが2017年からは、いわゆる高級ミニバンと呼ばれるクルマが上位に食い込んできたわけです。ちなみに、2017年の第4位は同数でトヨタの「ヴォクシー」と「ハイエース」、第5位は「クラウン」となっています。

なお、車上荒らしの被害品は第1位が「カーナビ」、第2位はゴルフバックなどの「スポーツ用品」、第3位が「バッグ類」です。それ以降は「金銭・カード」「タイヤ・ホイール」、バンパーやドアミラーなどの「外装部品」という構成でした。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事