ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

カーナビでネット動画配信サービスを楽しむ方法

渋滞中やサービスエリアでの休憩中に、動画配信サービスが見られる環境があると便利です。スマホだと“ながら見”がしにくいためタブレットPCがあればベスト。無い場合は、カーナビにで動画配信サービスを楽しみましょう。テレビで動画配信サービスが楽しめるFire TVは、カーナビにも接続できるのです。


スポンサーリンク
カーナビでネット動画配信サービスを楽しむ方法

カーナビ動画はFire TVを接続する

Amazonのメディアストリーミング端末「Fire TV」は、あらゆる動画配信サービスに対応。テレビに接続すれば、チャンネルを回すような感覚でNetflixやYouTubeを大画面で見られるようになります。

そんなFireTVはテレビだけでなくカーナビにも接続して利用できるのです。Fire TVを接続すれば、動画配信サービスで車内がホームシアターに早変わり。カーナビのポテンシャルが一気にアップするのです。

ドライブに欠かせない音楽はAmazon MusicやSpotifyを使えば、選曲リストは無限に広がります。その時の気分にピッタリな音楽が聞けるでしょう。ただし、インターネット環境は必須。無料Wi-Fiを提供しているサービスエリアや道の駅で視聴するか、ポケットWi-Fiを用意しましょう。

カーナビで動画を楽しむ接続方法

最近のカーナビはHDMI入力端子を備えているため、カーナビで動画配信サービスを楽しむための接続方法は至ってシンプル。ただし、Fire TVは電源が15Vなので、クルマ用の100Vに変換するためのインバーターが必要となります。

Fire TVをカーナビにHDMIで接続。そして、電源ケーブルをインバーターにつないで起動すればOKです。Fire TVは電力を食うので、電圧をチェックできるシガーソケットを利用するとベター。走行中は11Vを下回ったら危険です。電圧はマメにチェックするようにしましょう。

また、カーナビがHDMIではなくminiHDMI対応の場合は、それに合った変換ケーブルを用意。手持ちのカーナビにHDMI端子が無い場合、動画の画質は劣化しますがRCA端子への変換ケーブルを利用します。2,000円弱で購入可能です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事