ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

隠しコマンドでテトリスが遊べるクルマがある?

スマホや家電に隠しコマンドがあるのはよく知られていますが、実はクルマにも存在します。隠しコマンドでメンテナンスモードに入ると、車両の状態をチェックできたりするのです。そして、メンテナンスモードの一環で隠しコマンドを入力するとメーターパネルで「テトリス」が遊べるクルマも存在しているのです。


隠しコマンドでテトリスが遊べるクルマがある?

不具合を確認するモードでテトリス

1980年後半に登場した、落ち物パズルゲームの元祖ともいえる「テトリス」。元々は旧ソ連の教育用ソフトウエアとして開発されたものでした。多くの人がテトリスにハマった経験を持っているはずです。

そんなテトリスが30年以上の時を経て、生まれ故郷のロシアに帰ってきたと話題になっています。帰還先は、ロシアの自動車メーカー・GAZの代表的車種「GAZELLE NEXT」シリーズです。

このGAZELLE NEXTで隠しコマンドを実行すると、メーターパネルでテトリスが遊べます。テトリスは停車中しかできないような仕様。実はこれ、液晶画面の表示不具合を確認するたのモードなのです。

メーターパネルでテトリスが遊べる

さっそく、メーターパネルでテトリスが遊べる隠しコマンドを見ていきましょう。まず最初にエンジンをかけます。続いては、右ウィンカースイッチを3回素早く入れたら、ハイビームを2回点灯するのです。

さらにクラッチを5回踏み込んだら、アクセルでエンジン回転数を3,000回転まで上げます。そして最後に、TRIPを押し続けることで、メーターパネルでテトリスが遊べるようになるのです。

ロシアの自動車メーカーのため、日本ではなかなかお目にかかる機会はありませんが、ヨーロッパをはじめとして世界各国で販売されています。現地に赴いた際は、ぜひレンタカーを借りてチャレンジしてみたいところです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事