ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高速道路でなぜか渋滞が発生する「サグ」とは?

カーナビやラジオで流れる高速道路の道路交通情報では、毎日のように決まった地点を先頭にした渋滞情報が流れます。これは、単に走っている車が多いだけでなく、道の構造が渋滞を引き起こしやすくなっているためです。その仕組みと、渋滞を起こさないドライブ方法を紹介しましょう。


スポンサーリンク
高速道路でなぜか渋滞が発生する「サグ」とは?

渋滞ポイントになりやすい「サグ」

高速道路で渋滞が起きやすいと見た目ではっきり分かる場所は、インターチェンジ(IC)やジャンクション(JST)などの合流ポイントです。車線が減る場所も、合流があるのでこれに含まれます。合流地点では自動車のスピードが下がりやすく、それをきっかけに渋滞が始まるのです。

ところが、合流があったり車線が減ったりするわけではなのに、なぜか渋滞しやすい場所があります。その秘密は、道の勾配が切り替わることにあるのです。

こうした場所は「サグ」と呼ばれ、道の勾配が下りから水平や上りに切り替わっています。そうしたポイントでは、スピードが知らないうちに落ちてしまう自動車が増え、後続車がブレーキを踏む羽目に…。これをきっかけに渋滞が始まることが多いのです。サグとは、下り坂から上り坂にさしかかる凹部のこと。英語の「sag」の「たわみ」という意味に由来しています。

渋滞ワーストランキングはサグが多い

国土交通省が2018年に発表した渋滞ランキングでは、ワースト1位が中央道の上り調布IC~高井戸間ICでした。実はこの間の深大寺バス停近くにサグがあり、それをきっかけに渋滞が起きやすくなっているのです。

そして、2位の東名高速上り海老名JCT~横浜町田ICも途中の大和バス停付近がサグになっています。3位の東名高速上り川崎IC~東京ICは料金所によるもの、4位の 東名阪道上り亀山JCT~鈴鹿ICは合流部ですが、5位にまたサグの東名高速下り横浜町田IC~海老名JCTが続きます。

このように、渋滞を引き起こす原因にサグが絡んでいることは多いのです。ちなみに、渋滞が起きると長く延びることで有名な中央道上り小仏トンネル付近は、トンネル内のサグに加えてトンネル入口での減速が組み合わさって、大きな渋滞の原因になっています。


スポンサーリンク

渋滞を起こさない適切な車間距離

それでは、こうした渋滞の原因に自分がならないためにはどうすればよいのでしょうか。まず、走行中はスピードメーターを常に気を付けること。勾配変化でスピードが落ちる前にアクセルを踏めば、減速は少なくてすみます。車速を一定に保つ、クルーズコントロール機能も有効です。

そして、合流部では早めの車線変更を心がけます。急な車線変更は、後続車の急ブレーキにつながり、渋滞を引き起こす原因になります。

もう一つ大切なことは、適切な車間距離をとることです。車間距離が短いと急ブレーキを踏むことが増え、これまた渋滞につながります。適正な車間距離は時速100km/hであれば100m以上といわれ、渋滞だけでなく追突事故を防ぐためにも守るようにしたいところです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。