ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アクセルの踏み間違いによる事故の防止アイテム

近年、社会問題となっているのが“アクセルペダルの踏み間違い”による交通事故。とくに高齢ドライバーによるペダル踏み間違い事故の防止策が注目されています。そんなアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を防止してくれるのが「ペダルの見張り番Ⅱ」です。ペダルの見張り番Ⅱの仕組みを見ていきましょう。


アクセルの踏み間違いによる事故の防止アイテム

ペダルの見張り番の操作はボタン1つ

データシステムの「ペダルの見張り番Ⅱ」は、近年社会問題となっている“ペダルの踏み間違い”による事故を防止できるアイテムです。

ブレーキと間違えてアクセルを踏み込んだ際の急発進を防ぎ、さらにアクセルとブレーキを同時に踏んだ場合には、ブレーキを優先させてクルマを安全に停車させます。アクセルの急な踏み込みを検知し、その信号を遮断することで、駐車場などで頻発するペダルの踏み間違い事故を未然に防ぐことが可能なのです。

ペダルの見張り番Ⅱの操作はボタン1つ。エンジンをかけると自動で機能がONになり、一時的に機能をOFFにすることもできます。アクセルを一気に踏み込むと、ボタンの点滅とともに「ピピピ」という警告音がなり、クリープ状態になるのです。

ペダルの見張り番の2つの急発進防止

ペダルの見張り番Ⅱの急発進防止機能は2種類。「オーバーアクセルキャンセラー(OAC)」は、10㎞/h以下の状態から、一気にアクセルを踏み込んだ際に作動する機能。一定の時間内に、アクセルペダルを踏み込んだ量を監視し、誤操作があった場合には電気的に信号を制御して、急発進を防止します。

「ブレーキオーバーライドシステム(BOS)」は、アクセルペダルとブレーキペダルを、同時に踏み込んだ際にその誤操作を検知して作動する機能です。アクセル信号を遮断して、ブレーキ動作を優先させます。

本体で速度とブレーキ信号を検知し、アクセル開度(アクセルを踏み込んだ量)を制御。急な誤発進を抑制します。制御機能の感度はドライバーに合わせて5段階から設定でき、誤作動も抑制できる設計です。

国産200車種以上に対応し、踏み込み検知の感度調整も可能です。オートバックス各店舗にて販売しており、店舗にて取り付け工事まで行ってくれます。実勢価格は取り付け工事費込みで43,200円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事