ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高速料金が大幅割安になるETC乗り放題プラン

静岡県の熱海といえば、日本を代表する温泉街。その高台に建ち、相模湾の眺めが楽しめる大浴場が人気の「かんぽの宿 熱海」の宿泊とETC限定高速道路乗り放題がセットになったプランが、NEXCO中日本から発売中です。とくに、名古屋方面からの場合、往復するだけでも高速道路料金が大幅割安になります。


高速料金が大幅割安になるETC限定乗り放題プラン

宿泊券とETC乗り放題のセットプラン

NEXCO中日本が発売中の「かんぽの宿熱海 宿泊商品券付ドライブプラン」は、同ホテルの宿泊券1万円分とETC限定高速道路乗り放題がセットになったプランです。購入にはNEXCO中日本の会員サービス「速旅」への事前登録が必要。また、購入申し込みは宿泊日の7日前まで受け付けています。

宿泊に関しては、1泊2日・2食付きに加え、人数分のワンドリンクサービスが付いたプランをかんぽの宿熱海が用意しており、それを利用することになります。なお、予約はかんぽの宿熱海のWebサイトおよび直接予約のみ対応で、現地での直接決済を利用することになります。

ETC乗り放題部分については、東京都・神奈川県発着と愛知県・岐阜県の2パターンがあり、乗り放題エリアが異なるため利用の仕方も変わってきます。そこでまず、東京都・神奈川県発着の方からおトク度を調べていきます。

往復でETC乗り放題プランとほぼ同額

東京都・神奈川県発着プランに関しては、ETC乗り放題エリアは厚木IC・寒川北IC・西湘二宮IC・石橋IC・箱根口IC・沼津IC・長泉沼津ICで囲まれた路線となります。東名高速・新東名高速に加え小田原厚木道路と西湘バイパスが含まれるため、熱海までの利用にも便利です。

有効期限は2日間で、高速道路分の価格は発着ICにより異なり、八王子IC・八王子西IC・相模湖IC・相模原ICに囲まれた路線と東京IC~横浜青葉ICが普通車3100円。相模湖相川IC・圏央厚木IC・海老名IC・横浜町田ICが普通車2400円となります。

熱海の最寄りIC、石橋ICまでの休日片道料金を調べると、横浜町田ICから1300円、相模原ICでは1520円のため、単純往復した場合はETC乗り放題プラン利用とほぼ同額です。一方、2日目に西伊豆観光をして沼津経由で戻る場合、横浜町田IC→石橋ICと沼津IC~横浜町田ICの合計は休日普通車3170円となり、約900円割安になる計算です。


愛知からはETC乗り放題プランが割安

一方、愛知県・岐阜県から利用する場合、発着エリアは土岐IC・豊田東IC・音羽蒲郡IC・東海IC・養老IC・養老スマートIC・大垣西IC・関ICに囲まれた路線となり、乗り放題エリアについては静岡県内全域(豊川IC・新城ICを含む)となるもの、さらに神奈川県・東京都・山梨県まで拡大するものの2種類があります。

静岡県内乗り放題の場合、価格は2日間用が普通車4600円です。愛知方面からの場合、熱海への最寄りICは沼津ICで、音羽蒲郡ICからの片道通行料金を見ていくと、休日割引で普通車3110円。単純往復でも6220円となりプラン利用の方約が約1600円割安です。

一方、神奈川県・東京都・山梨県を含むプランの場合、静岡県内に加えて東名高速東京IC以西・中央道高井戸IC~勝沼IC・圏央道の八王子西インター以南・小田原厚木道路・西湘バイパス・東富士道路となります。有効期限は3日間で、普通車の価格は6800円になります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事