ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

中央・東名・新東名にまたがるETC乗り放題プラン

秋の山梨といえば、甲州ぶどうがおいしい季節です。果樹園でのぶどう狩り、そして勝沼を中心としたワイナリー巡りの拠点としても便利な石和温泉にある「かんぽの宿 石和」の宿泊券とETC限定高速道路乗り放題がセットのプランが現在発売中。とくに、名古屋方面からのドライブではおトク度が高いETC乗り放題プランです。


中央・東名・新東名にまたがるETC乗り放題プラン

東京・名古屋のETC乗り放題プラン2種

NEXCO中日本が販売中の「かんぽの宿石和 宿泊券付きドライブプラン」は、同ホテルの宿泊券1万円分とETC限定高速道路乗り放題がセットになったものです。購入にはNEXCO中日本の会員サービス「速旅」への事前登録と、同ホテルの1泊2食付きの予約が必要で、申し込みは宿泊日の7日前まで受け付けています。

宿泊に関してはWebサイトや電話による直接予約のみの対応で、料金については現地決済のみが選べます。宿泊券1万円分はそのままの金額で利用するため割引はありませが、特典として夕食時にグラスビール・グラスワイン・ウーロン茶・オレンジジュースのうち人数分1杯がサービスとなります。

メインとなるETC乗り放題分については2種類あり、ひとつは発着ICが八王子西IC・高井戸IC・東京IC・藤沢IC・茅ヶ崎海岸IC・大井松田IC・上野原ICに囲まれた路線、ETC乗り放題エリアが大月IC・足柄スマートIC・富士川スマートIC・新富士ICに囲まれた区間となります。有効期間は2日間で、価格は普通車3400円です。

ETC乗り放題プランは1800円も割安

そして、もうひとつのETC乗り放題プランが発着ICを土岐IC・豊田東IC・東海IC・養老IC・養老スマートIC・大垣西IC・関ICに囲まれたエリアとするもので、ETC乗り放題については大月IC・御殿場IC・豊川IC・岡崎東IC・瑞浪ICで囲まれた区間が対象エリアになります。有効期間はこちらも2日間、価格は5700円です。

それぞれのおトク度を見ていくと、東京都・神奈川県発着については「かんぽの宿 石和」の最寄りIC・一宮御坂ICまでは、国立府中ICからの片道が普通車1740円で、これより山梨県側はプラン利用の方が割高になります。そこで、甲府や河口湖などほかの場所へ足を延ばすドライブに有効なETC乗り放題プランといえます。

逆に、岐阜県・愛知県発着については最も一宮御坂ICに近い土岐ICからでも片道料金が休日割引で普通車3750円となり、往復でプラン利用の方が1800円割安です。より西側の名古屋方面や南側の岡崎方面からではさらにおトク度がアップするため、石和温泉に宿泊するならぜひ活用してみたいETC乗り放題プランになります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事